中央本線の法律事務所はこちら(長野県)


長野県の中央本線にある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも長野県の中央本線にある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



返済しきれない借金が首をしめている現状では、毎日の暮らしが借り入れの事で朦朧とし、あなたの大切な人生が蝕まれている状態です。

社会にとっても大きな損失となってしまいます。



社会にとってもいいとは言えません。

債務整理を申請することで、借金を自分でコントロール出来るようにし、今迄の借金をしていなかった時のような、幸せいっぱいの暮らしを歩みましょう!この瞬間から変わりましょう!大きく分けて、債務整理につきましては、任意整理、個人再生、自己破産の3種類を行えますが、法律事務所にお願い出来る債務整理の内の一個である任意整理について、まずは、お話ししていきます。任意整理とは、簡潔にお伝えしますと、余分に払っていた利息分、今後支払っていく利息分をストップして、月々の支払いを見直す事が出来る、債務整理の方法です。


では続けます。

先に、個人再生のプラスな所から、記入していきます。

持ち家をお持ちなら手放さなくて大丈夫。


これが、個人再生の最も良い所。それと、自己破産がNGだった方も個人再生の申請はいけます。住宅ローンとは違う借金を減額してもらう事が可能です。さらに、財産を奪われない!資格の制限もなく、現状ある、債務の2割を返済すれば、残りの8割は返さなくとも良しとなる。



月々、返済に奪われていた時間を取り返す事が可能です。どうしようもない現状からさよなら出来ます。

これからのお勤めに集中出来ます。

夜、しっかりと寝付く事も可能です。
いつも気が休まらなかった状況が好転していきます。お金の原因で身近な人間と争う事がなくなります。



これからの人生が明るくなります。そんな時に適していて、個人再生とは、任意整理と自己破産の丁度、中間位を指します。

そして、法律事務所にその事を話、裁判所へ個人再生の旨を説明して、現時点での多額の借金をかねり減額する事が出来ちゃうのです。最も良い所は、住宅ローンが存在する方です。住宅ローのみを今まで返してきたように返しつつ、住宅のローンとは他の借入金をかなり減らす事が行えます。
だけど、仕事を始めてから、まだ期間が短い人でも、再生期間中を通して返済がいけるのかどうかを判断してもらって、可能な時もあります。女性で専業主婦の方で、自分の収入がない場合、個人再生は難しいですが、バイトなどで僅かながらでも収入を頂いていて、旦那さんとの月収を合算すれば、月々の借り入れ金を返済していく事が大丈夫な時、個人再生の申請が通る可能性は上がります。


次は個人事業主の場合です。
支払日に、返済が出来ない事が一時的はなく、毎月払えそうにない場合。


客観的に裁判所が、当事者の生活が自己破産を通さなければ、生きていく事が困難だと考えた場合です。それでは最後にメリットもみていきましょう。


債務がなくなります。戸籍や住民票に対して自己破産の影響は及びません。

選挙権などの公民権に影響はありません。今度はデメリットを上げていきます。5?7年の間、信用情報機関(ブラックリスト)は任意整理の事が分かっていますので、ローンを組んだり、カードを作ったりが出来ない。


借入金が全てなくなる訳ではない。
ここまで、任意整理についてご説明していきましたので、次に、個人再生についてご説明していきます。

個人再生とは、借金が大きく膨らみ、これ以上、返済を続けることが難しい時に債務整理を用いる事で借金を少なくする事は行えますが、任意整理だけで返していくことが厳しいケースがあります。



借り入れしている人間に対し直に請求を、してはNGという法律が決められています。



なので、初めにする事は、督促をさせないようにします。それから、法律事務所で任意整理の件を詰めていきます。



法律事務所が、月々の借り入れの返済額を少なくするように貸金業者側に対応してくれます。

ここで、これから返していくのが難しい人と、債権者側とで丁度いい塩梅をすり併せていきます。ここからがポイントです。



そんな個人再生ですが、破産手続きとは違い、この先、大幅に減額が出来ましたらその後は払っていく義務がありますので、現状の収入が途絶えない人が行えますので、今、収入を得れていなければ、個人再生は通りません。

仕事をしていて、勤務年数が3年位、続いていれば収入にもよりますが、申請はそんなに厳しいものではないです。



任意整理は、ご自身で行うより、法律事務所に託した方が、減額出来る借金の額が大きくなる確率がずいぶん高まります。どうしてかといえば、法律事務所の方が、あなたより法律に強く知識もあるからです。
ですので、債権者とのやり取りをスムーズに行ってくれます。この任意整理が受理されるのは、任意整理が成立後、借金が減った残りの借金を、3年程度でちゃんと返せる見込みがある人です。破産宣告が一因となって、お勤めをクビにはされません。資産をもっていなければ手続きに時間を取られることはありません。

自己破産が終了してから頂くお金は、全部、自分のお金です。

債権者からの催促が消えます。

毎月の返済に怯える事がなくなります。現段階の心配が解消します。それは毎月しっかり収入がある人になります。次に、任意整理の良いポイント、悪いポイントに関してもご説明していきます!最初に良い所ですが、今までお伝えした以外では、周りの人達に分からずにする事が可能です。



現時点で、収入が多くない人でも利用出来ます。
これまで利息を支払い過ぎてる方は、任意整理で返ってくるであろうお金で借入金を減らす事が出来ます。

仕事の決まりや資格の決まりがありません。最も、大事なのは、あなたの現状の改善!そこに尽きます!では、債務整理といえど、どんな種類が存在するのかよく分からないと思いますので、3種類の現状を打開する方法を、ご説明していきます。
その債務整理とは、借入金の問題をどうにかする手段の総称です。


自分では返済不可能な状況です。継続的な収入という面で判断し時、月々の収入がバラバラだったり、忙しい時期、暇な時期がある職種をされてる方もいると思いますが。


その場合は、収益が下がっている時と、上がっている時を判断基準にしてくれますので返済出来るとジャッジされたら、個人再生手続きは可能かもしれません。
では法律事務所における、良い面と悪い面を。


しかし、連帯保証人の免除をする必要はありません。

そして、債権者は債務者に督促する事は無理りなりますけど、連帯保証人への督促は可能です。



借金が多ければ多いほど程、連帯保証人も返済が難しくなり、保証人に名乗り出てくれた人も自己破産の危険性が発生します。
こんなケースもありますので、しっかり吟味しなければなりません。以上の点があげられます。

個人再生の最もプラスの面は、持ち家を手放さなくて良い事です。



このように、法律事務所から知れる債務整理の方法は、一つじゃありませんから、個人の判断ではどれを選んだらいいのか迷ってしまう事でしょう。
ではラストに、法律事務所から知れる債務整理の中の自己破産についてお伝えします。
自己破産と言えば、負の塊…。



当然良い所だけではないです。良い所に比例するように悪い所もあります。 それでは先にデメリットからご説明していきます。自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。


さらに価値のある資産は何もかも…。

それで、法律事務所に託し債務整理の内の自己破産を使うなら連帯保証人にもちゃんとその事を話す必用があり、受け入れてもらってから破産の手続きに踏み切ったほうががいいでしょう。じゃあ、どんなタイミングで法律事務所を利用した自己破産が行使可能かというと。



債務の返済日を迎えているけど、永続的に、返していく事が厳しい時。

持っていかれますので、所有している自宅や資産は全部失います。その場合、生活するのに必須な住む所の準備が迫られます。
これだけではなく、9万円を超えるお金や20万円を超す株式や有価証券等も対象の内になりますので、新たな生活をスタートする事がキツい現状に困ると思います。他には、破産宣告してから7年?10年位は、ローンの利用やクレジットカードを作ったりすることが不可能です。法律事務所を通して裁判所へ、返済を続行する事が無理な現状を伝えて借金を無効としもらうものです。債務の全額が免除になるのが良い所です。借金がなかった頃の幸せな日々に戻ることが出来るようになります。

自己破産が行使出来るか否かは、裁判所が決めます。ではどのような判断基準かといいますと先程の話にもあったように、返済日はきているけど返済する事が不可能。

それでは、法律事務所を用いて個人再生が出来る条件としてですが、今後、借入金を返済していく事が無理だという判断を下されたら個人再生の手続きが可能です。住宅のローンとは別で、借金の総額が5,000万円以下。
月々返済していく事が無理だと見なされるポイントは、返済の日を迎えているのに、返済する事が継続して出来ない状況となります。これらのように、一度のみ期日までに返す事が出来なかったからといって、返済が難しいとは判断されません。


では、マイナスのポイントをお話ししていきます。



住宅ローンの支払いは、これまでと一緒で毎月返済しないと駄目です。保証人にも影響がある。

官報に載ってしまう。しかしほとんどの人は知る事がないと思われます。


借金が全額なくならない。5?10年間前後は、新たにお金を借りることやローンを使う事が出来ない。
あなたに一番もってこいの借金を減らす方法や、月々の返済額を理解できる!心配で仕方ない現状から解放されるヒントが!最も大切な事はおかれている状況を客観的に整理する事から臨みましょう。だけど、急に法律事務所へ行くのは…勇気がいる。このように信用情報に履歴が記されるので、ある一定の期間は、高額商品の購入が難しくなります。
しかし、これは見方を変えれば、こんな状況に陥った、自分の事を省みる、チャンスともなりますので、一概にマイナスとばかりとは言えません。



では、自己破産の一番の間マイナス面は、サインしてくれた帯保証人も関係してくる事です。 自己破産は当事者の借金の免除はします。



だが、見る角度を変えると一概にそうとは限りません。

この後も、読んで頂ければ、なるほどと感じるはずです。あなたの人生を再スタートする機会にもなる事でしょう。法律事務所の中の債務整理で最も威力があるのが自己破産です!自己破産を実行すれば今までの債務が全て免除されます。人生の再出発を切りたい方には、最も適した債務整理のやり方となります。

しかし、効果がある…自己破産。だけど、ここが厳しい所で任意整理とは、裁判所を通さない貸金業者とのやり取りになりますので、中々個人の方が喋ったとしてもスムーズにいかないかも知れません。

ですので、法律事務所に任せたほうが良い結果を得られる確率が高いでしょう。

さらに、案外知られてない事ですけど、「貸金業法21条1項9号」の内容で、法律事務所からの受任通知を貸金業者が受け取った後。今後は、債務に脅かされないようなマインドになっていると思います。

以上、法律事務所を利用した債務整理の事をお話していきました。冒頭でご説明したように、まずは、自分の現在地をしっかり理解する事。


そこからがあなたの人生を取り戻す最初の一歩です。
憂鬱に一人で思い悩まず、新たな未来を良いものに変えていきましょう!それでは、貸金業者はなんで月々の支払の減額を認めてくれるのでしょうか?答えは、貸金業者側からしたら出来るだけ、返済をして欲しいと思っているからです。



完全に破産宣告などされたら、あちら側は一銭も返してもらえなくなります。今、あなたの現状は、かなりの借金を持っているとしましょう。毎月の返済も滞り、かなり厳し状況です。

そんな時、まず最初にとる行動は、貸金側からの督促を止める方法です。名前を告げずに、無料で知ることも可能です。一体、どこの法律事務所に行ったらいいのかなんて知らない。



そういう時こそ、簡単に見つける事が出来るものをオススメ致します。



まずは行動です。色んなやり方があります。会社などに知られていまうのではないかと、心配かもしれません。内容によっては周りの人には知られずに債務整理出来るものもあります。