京阪宇治線の法律事務所はこちら(京都)


京都の京阪宇治線にある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも京都の京阪宇治線にある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



月々、返済に奪われていた時間を一蹴出来ます!ピンチから羽ばたけます。
今後の仕事に精が出ます。

不眠とおさらばです。


常に心臓がバクバクだった状況が好転していきます。お金の事でもめる事がなくなります。

人生の主導権を取り戻せます。

そして、個人再生が可能かどうかの判断ですが、毎月、債務を返していく事が不可能だと見なされたら個人再生の申請は出来ます。そして、住宅ローン以外で、全借金の額が5,000万円以下。毎月返していく事が不可能だと判断されるポイントは、返済の日を迎えているのに、返す事が継続して行えない状態を表します。



なので、一回分、返済が無理だったりとかでは、返済が出来ないと判断されません。また、個人再生に関しましては、破産手続きと一緒ではなく、申請が通って、借入金を減らす事に成功したら、今後は、債務を返済していく必要がありますので、今、継続して収入をお持ちの方が対象になりますので、現状、収入の柱がないと、個人再生の利用は難しくなります。仕事をしていて、勤務年数が3年位に達していれば収入にもよりますけど、申請に通る可能性は十分あります。
当然良い所だけではないです。

良い所に比例するように悪い所もあります。 それでは先にデメリットからご説明していきます。自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。 さらに価値のある資産は何もかも…。支払日に、返済が出来ない事が一回とかではなく、継続して出来ない場合。


裁判所が債務者の状況を判断し、借金を免除しないと、生きていく事が難しいと認めた時です。

ラストに良いポイントも確認していきましょう。債務が全額免除されます。戸籍や住民票に自己破産の掲載はありません。


選挙権などの公民権もはく奪される事はありません。このようになっています。


やはり、個人再生の一番の良い所は、持ち家を、持っていかれない部分です。

このように、法律事務所から知れる債務整理の種類は、一個ではありませんので、ご自身の判断では一体何をチョイスしったらいいか判断出来ないかもしれません。

では最後に、法律事務所から分かる債務整理の中の自己破産についてお伝えします。

自己破産といったら、恐ろしさしかない…。
自分の所有ではなくなりますので、資産は奪われます。この場合、生活していく上で大事な自宅も用意しなければいけません。他には、9万円を越える現金や20万円を越す株式や有価証券等も対象の内になりますので、新たな暮らしを行う事が非常に切羽詰まった状態に変わります。それ以外には、受理されてから7年?10年程は、ローンを使ったり、クレジットカードの発行が難しいです。



ですが、働き始めて日が浅い会社員の人でも、再生期間中を介して返済が出来そうかどうかを検討してもらって、大丈夫な時もあります。それと、女性の方でも専業主婦で自分の収入がない時、個人再生は通りませんけど、バイト等で毎月少ないながらにも収入が発生していて、夫との収入と合算ずれば、月々の借り入れ金を返済していく事が大丈夫な時、個人再生を用いれる可能性は高まります。次は個人事業主の場合です。



まずは、個人再生のメリットから、ご説明してきます。持ち家をお持ちなら手放さなくて大丈夫。

この家に関しての事が、一番個人再生の恩恵です。後は、自己破産を門前払いされた人でも個人再生の申請はいけます。

住宅ローンとは違う借金を減額してもらう事が可能です。

財産をとられない!それに資格の制限はなく、現状残っている借入金の2割を払えば残りの8割は払わなくて良い。あなたにしっくりくる借金減額のノウハウや、月々の返していく借金の額を知れる!不安な借金生活から良い方向へ向かえる!最も、必要な事は、現在の状況を把握する事から始まります。いきなり法律事務所へ向かうのは気が引ける…。このように、法律事務所を用い債務整理の一つの自己破産を利用されるなら連帯保証人にもしっかりその事を伝える必用があり、承諾をもらってから実際の手続きに踏み切ったほうががいいでしょう。
じゃあ、どんなタイミングで法律事務所を介した自己破産が行使可能かというと。


借入金の返済の期日は経過しているけど、現状、返済する事が出来ない時。これからは債務を作らないような心構えになっています。



以上、法律事務所に託した債務整理の事に触れていきました。

最初の方でお伝えしたように、一番大切な事は、何が自分に適しているのかを考える事。その事が自分の人生を取り返す最初の一歩です。一人っきりで下をむかず、新たな人生を良い方向にもっていきましょう!何かというと、収入が途切れずにある人になります。



では任意整理のメリット、デメリットについてもお話ししていきます!まずメリットですが、これまでご説明した以外には、周りの人達に分からずにする事が可能です。
現時点で、収入が多くない人でも利用出来ます。

利息が支払過多な人は、任意整理を行ったことにより返金されるであろうお金で借金の元本を減らす事が出来ます。仕事の決まりや資格の決まりがありません。しかし、ここがポイントで任意整理とは、裁判所を通さない貸金業者とのやり取りになりますので、しっかり債務者ご自身が対応するのは厳しいです。



ですので、法律事務所に任せたほうがとてもスムーズに行えます。それから、分からない人が多数だと感じますが、「貸金業法21条1項9号」に記入されている中で、債権者へ法律事務所から受任の知らせが届けられた後。



次にデメリットもお伝えしていきます。住宅ローンの借り入れ金は、今まで通り返済しなければ駄目です。


保証人にも関係してしまう。



官報に掲載されてしまいます。だけど大多数の人達は見る事はありません。

債務が全で免除される訳ではない。



およそ5?10年の間、借り入れする事や、ローンの使用が厳しい。


そんな時にもってこいで、任意整理と自己破産の丁度、中間のイメージです。そして、法律事務所にその事を話、裁判所へ個人再生の旨を説明して、今、どうにもならない借金を大幅に減らす事が出来ます。最大のポイントは、住宅ローンが存在する方です。住宅ローンのみ、今までと一緒のように債権者へ返しながら、住宅ローン以外の債務を大幅に下げるということも可能です。

債務者に向けて直に督促を、しては駄目だという決まりがります。

このように、最も最初に行う事は、督促をさせないようにします。
それから法律事務所で任意整理の手続きを踏みます。
法律事務所が、月々の借り入れの返済額を少なくするように債権者へ連絡をいれてくれます。



今後、借金を返していく事が困難な人と、賃貸業者側とで妥協点を見つけていく作業です。
ここからがポイントです。しかし、連帯保証人の免除をする必要はありません。ですので、債権者は当事者から取り立てる事は無理ですけど、連帯保証人へは借金の返済を促す事が出来ます。

このように、借金が免除されるお金が多額であれば連帯保証人も返しきれなくなり、保証人になってくれた方も自己破産しなければいけなくなります。こういう可能性も考えられますのでちゃんと考えなければなりません。

では、悪い所についてもご説明していきます。それは、5?7年の間、信用情報機関(ブラックリスト)に任意整理の情報が留まりますので、ローンの使用や、カードを発行する事が不可能です。借入金が全てなくなる訳ではない。



以上、任意整理のお話しをしていきましたので、次は、個人再生についてお話していきます。


個人再生とは、借金が大きく膨らみ、返済するこ事が困難な時に債務整理を用いる事で借金を少なくする事は行えますが、任意整理で借金を毎月返済してくのが厳しい時もあります。

では、なんでお金を貸してくてた業者は毎月の返済額を少なくしてくれるのでしょう?どうしてかというと、向こう側からしてみたら、僅かでも、返してくれる事を望みます。

もし、破産宣告なんて行われると、貸金業者は、一円も返済されない状況に陥ります。

今、仮にあなたは借金が重なり辛い状況だとします。


月々の返済額と収入のバランスがとれず、その場合まず、する事は貸金業者からの督促をストップします。

そんな時、まず最初にとる行動は、貸金側からの督促を止める方法です。任意整理は、ご自身で行うより、法律事務所に依頼した方が、減額出来る借金の額が大きくなる確率がずいぶん高まります。

それは何故かというと法律事務所の方が、当然素人の人より法律に詳しくこれまでの経験も蓄積しているからです。

なので、賃貸業者とのやり取りをスムーズに進めてくれます。


因みに、この任意整理を受ける事が出来るのは、受理された後、借金が減額し、残った借金を、3年前後で返せそうな人です。しかし、考え方によっては一概にそうとは言えません。これから読み進めて頂ければ分かりますが、あなたの人生を再出発するチャンスにもなり得ます。

法律事務所から見る債務整理で最も威力があるのが自己破産です!自己破産を用いればこれまでの借金の全てが免除。
人生の再出発を切りたい方には、最も適した債務整理のやり方となります。しかし、効果がある…自己破産。
借金を返していく事が、極めて困難な現状では、日々の生活で借金の事が重くのしかかり…、あなたの大事な人生が困難極まりない状況だと思います。それでは、絶望の淵でしょうし、社会に対してもマイナスとなっています。



法律事務所の事を理解し債務整理をする事で、借入金をどうに出来、借入金が存在しなかったなかった頃のような、幸せな生活に戻る一歩です!今から、再出発です!名出しなしで、お金もかからずにチェック出来ます。



どんな法律事務所が自分に適しているかなんて思いつかない。ですので、簡単に見つける事が出来るものをオススメ致します。
これ以上、苦しまないで下さい。方法はあります。会社などに知られていまうのではないかと、気がかりな事でしょう。



内容によっては周りの人には知られずに債務整理の手続きが大丈夫なものもあります。


安定した売り上げと考えた時、月々の収益が判断しにくかったり、売り上げが良い時期、売り上げが悪い時期がある業種に該当される方もいらっしゃると考えられますが。


その時は、売り上げの下がっている時と、売り上げ良い時を考慮し考えてくれますので、債務を返していく事が可能と見られれば、個人再生の申請が通る可能性はあります。次に法律事務所における、プラスな所とマイナスな所を。最も、大事なのは、あなたの現状をどうにかする事!そこです。



それでは、一概に債務整理とはどんな意味があるのか知らないと感じている人もいるでしょうから、3種類の解決方法を、記述していきます。それでは債務整理とは、借金問題を解決するための手続の総称です。

今後の返済がとて難しい状態を指します。

法律事務所を介して裁判所に返済し続けていく事が出来ない現状を伝えて借金を無効としもらうものです。
借金が全てなくなるのが自己破産です。借金のなかった時の生活に戻れます。
自己破産が可能かどうか見分けるのは、裁判所が決めます。

その判断基準ですが今までご説明したように、返済の日は過ぎているけど返せない状況。
破産した事が原因で、今の会社を辞めらされることはないです。



資産の所有が少なければ手続きに対して時間はかかりません。
自己破産が完了してからの収入は、全額手元に残ります。

債権者からの連絡がこなくなります。月々の返済に、頭を悩ませる事がなくなります。


現状の心配事が大きく解消されます。


以上のように破産についてのに履歴が残りますので、期間内は高額な所品を購入する事が無理となります。
だけど、これはある種、良い事でもあって、自分の、お金に対しての考え方を知る、良い指標ともなりますので、一概にマイナスとばかりとは言えません。次に、破産をする事の最大のデメリットは、帯保証人も関与してしまう事です。



破産宣告は本人の債務は消えます。

大きく分けて、債務整理につきましては、任意整理、個人再生、自己破産の3種類が存在しますが、それでは法律事務所で取り扱う債務整理のうちの一つの任意整理のことについて、一旦、お伝えしていきます。任意整理とは、簡単に言いますと、余分に払っていた利息分、今後支払っていく利息分をストップして、毎月の返済を軽減できる、債務整理の方法です。
では続けます。