四国ケーブルの法律事務所はこちら(香川県)


香川県の四国ケーブルにある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも香川県の四国ケーブルにある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



個人再生のプラス面から、ご説明してきます。所有している家がある場合、もっていかれません。これが、個人再生の最も良い所。次に、自己破産での申請が通らなかった人でも個人再生の手続は大丈夫です。



住宅ローンとは別の借入金の総額を結構減額可能です。


さらに、財産を奪われない!資格の制限がない。今、残っている返済額の2割を払うと残りの8割は免除。


これからは債務を作らないような心境になっている事でしょう。これまで、法律事務所に委ねた債務整理の事をお話していきました。最初の方でお伝えしたように、一番大切な事は、何が自分に適しているのかを考える事。その事が自分の人生を取り返す最初の行動です。一人っきりで思い悩まず、新たな未来を作り上げていきましょう!当然良い所だけではないです。良い所に比例するように悪い所もあります。 それでは先にデメリットからご説明していきます。
自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。 さらに価値のある資産は何もかも…。

次に、悪い面についてもお伝えしていきます。5?7年の間、信用情報機関(ブラックリスト)は任意整理の事が分かっていますので、ローンを組んだり、カードを作ったりが出来ない。


借入金が全てなくなる訳ではない。

今迄、、任意整理の事に関して記述していきましたので、次に、個人再生についてご説明していきます。個人再生とは、借金が大きく膨らみ、返済するこ事が困難な時に債務整理を行使する事で借金を減らす事は出来ますけど、任意整理だけで返していくことが厳しいケースがあります。


安定した売り上げと考えた時、毎月の売り上げが分かりにくかったり、収益が高い時期、低い時期のある職種に該当される方もいらっしゃると思われますが。



そういう場合は、収益の低い時にみたり、収益の高い時を加味してみていくことも考慮されますので返していく事が可能だと判断されれば、個人再生を利用出来るかもしれません。

では法律事務所における、良い面と悪い面を。

毎月、借金を返す事にとられていた時間を元に戻せます。


切羽詰まっていた状況から解放されます。

これからの仕事に頑張って取り組めます。不眠とおさらばです。常にビクビクしていた感覚から解放されます。
お金の原因で身近な人間と争う事がなくなります。人生の主導権を取り戻せます。ですが、少し見方をずらすと、悪い点ばかりでもないです。
今後の内容に目を通して頂ければ分かるはずです。


あなたの人生を再出発するチャンスにもなる事でしょう。
法律事務所の中の債務整理の内、最も効果的な方法が自己破産です。



自己破産を行使したら今迄の債務が綺麗に消えます。新たに人生をやり直したい人には、一番合った方法ともなり得ます。
だけど、威力が高い自己破産。
何前は出さずにタダで確認することが可能です!どんな法律事務所が自分に適しているかなんて知る由もない。こういった場合まずは簡単に知れる事が大切です。



もう悩むのは終わりにしましょう。


解決策はいっぱいあります。会社などに知られていまうのではないかと、不安かもしれません。周りにはバレずに債務整理出来るものもあります。債務整理とは、大枠、任意整理、個人再生、自己破産の3種類がありますけど、それでは法律事務所で取り扱う債務整理の内の一つの任意整理の事を、一旦、お伝えしていきます。

任意整理の意味は、過払いのある利息分、これから支払う利息をなくして、月々の払いを軽くする事が可能な、債務整理のやり方の一つです。では続けます。


個人再生が利用できるかどうかのポイントですが、借入金を返済していく事が不可能だと指摘されたら個人再生が通る条件に当てはまります。
そして、住宅ローン以外で、全借金の額が5,000万円以下。毎月返していく事が不可能だと判断されるポイントは、返済の期日なのに返す事が継続して行えない状態を表します。

ですので、一時返済出来ないだけでは、返済不能とはみなされません。
このような感じです。やはり、個人再生の一番の良い所は、持ち家を、奪われない事です。


こんな具合に、法律事務所から理解出来る債務整理の数は、一つではありかせんから、何が自分にとって適しているのか迷ってしまう事でしょう。
ではラストに、法律事務所から知れる債務整理の種類の内の自己破産に触れていきましょう。自己破産と聞くとマイナスのイメージです。



そんな個人再生ですが、破産手続きとは形態が違い、この先、大幅に減額が出来ましたら今後は、債務を返済していく必要がありますので、現在、安定的な収入源を持っている人が対象になりますので、現在、継続的に収入をもってないと厳しいです。
なので、現在会社勤めをされていて勤務年数が3年前後もあれば収入によりけりですが、申請自体左程厳しいものではないです。


あなたに適した借金減額のノウハウや、月々の返していく借金の額を知れる!不安な借金生活から輝いてた頃に戻る!一番最初にする事は現状を知る事から始まります。

いきなり法律事務所へ行っても何するんだろう…。
そして、法律事務所を利用し債務整理の内の自己破産を使うなら連帯保証人にもしっかりその事を伝える必用があり、受け入れてもらってから破産の手続きに移って行った方が関係性が悪くならないでしょう。では、どんな現状になったら法律事務所を介した自己破産を行えるかというと。借金の返済日は過ぎているけど、現状、返済する事が出来ない時。後も収入が安定的にがなくならずにもらえる人になります。では任意整理のメリット、デメリットについても触れていきましょう!まずメリットですが、これまでご説明した以外には、周囲の人間に知られずに出来ます。現在、収入が少ない方でも出来ます。

必用以上に利息を出している人は、任意整理で手元に戻ってくると考えられるお金で借入金を少なくする事が出来ます。任意整理につきましては仕事の制限や資格の制限はないです。返済が難しい多額の借金がある状況では、毎日の生活では、借入金の事がちらつき苦しくなり、あなたの大事な人生が困難極まりない状況だと思います。

それでは、あなたの人生がもったいないですし、社会に対してももったいないです。債務整理を行う事で、借金と面と向かえるようになり、借入金が存在しなかったなかった頃のような、ハツラツとした人生を取り戻しましょう!これから、再スタートです!そんな時に適していて、任意整理と自己破産の丁度、中間のイメージです。
法律事務所に話て、裁判所へ個人再生の手続きをとり、今、どうにもならない借金を大幅に減らす事が出来ます。一番のメリットは、住宅ローンがある人です。住宅ローンだけをこれまでと同様に債権者へ返しながら、住宅のローン以外の借金を大幅になくす事に繋がります。任意整理は、ご自身で行うより、法律事務所に任せた方が、借り入れ金をかなり減額してくれる可能性がグッと上がります。
どうしてかといえば、法律事務所の方が、あなたより法律に強く知識もあるからです。ですので、債権者とのやり取りをスムーズに行ってくれます。

因みに、この任意整理を受ける事が出来るのは、任意整理が通った後、少なくなった残りの借入れ金を、3年程できっちり返す事が出来そうな人です。

破産した事が原因で、会社を解雇されるこ事はない。



資産をおもちでなければ破産の申請にそんなに時間は要しません。自己破産が受理されてからの給料は、全てもらえます。債権者からの連絡がこなくなります。
月々の返済に脅かされれる事がなくなります。
普段の生活の心配が消えます。最も、重要な事は、今の状況を打開する事!そこに注力する必要があります。


債務整理とはどんな意味があるのか分からないと感じている人もいるでしょうから、3種類の解決方法を、お伝えしていきたいと思います。その前に、まず債務整理とは、膨れた借入金を打開する為の呼びなをまとめたものです。

自分の能力では返済が厳しい状況です。


だが、ここが厳しくて任意整理とは、裁判所を通さない貸金業者とのやり取りになりますので、中々個人の方が対応するのは厳しいです。
その為、法律事務所を利用した方がすんなりいくかもしれません。それから、お知りでない方が多いと思いますけど、法律の「貸金業法21条1項9号」に書かれているもので、債権者に法律事務所から受任の通知が送られた後。


期日までに、返済する事が、一回のみならず、永続して不可な場合。第三者の目で裁判所は、当事者の暮らしが、自己破産を通さなければ、きちんとに暮らす事が難しいと認めた時です。

ラストに良いポイントも確認していきましょう。



債務がなくなります。戸籍や住民票に対して自己破産の影響は及びません。
選挙権などの公民権はそのまま残ります。


借り入れしている人間に対し直に請求を、してはNGという法律が決められています。と、なると一番初めの行動は、督促をストップする、という事になります。
それから法律事務所で任意整理の手続きを踏みます。法律事務所が、月々の返済の負担を軽減する為に貸金業者側に対応してくれます。
その中で、法律事務所と、債権者側とで丁度いい塩梅をすり併せていきます。ここからが大事です。法律事務所を用いて裁判所に返済不可能な状況を話して債務を免除してもらう事が可能です。

債務の全額が免除になるのが良い所です。借金のなかった時の生活に戻れます。自己破産が行使出来るか否かは、裁判所の判断によります。ではどのような判断基準かといいますと先程もあげたように、支払の日は過ぎているけど返せない状況。



ですが、連帯保証人の免除は出来ません。
なので、金融機関は借金を作った本人に請求する事は無理ですけど、連帯保証人へは借金の返済を促す事が出来ます。借金の額が大きい程、連帯保証人も返せなくなって、保証人を引き受けてくれた人も自己破産しなければいけなくなります。


こんなケースもありますので、ちゃんと考えなければなりません。次にデメリットもお話ししていきます。

住宅ローンの債務は、これまでに引き続き返済していく必要があります。



保証人にも関係してしまう。官報に載ってしまう。
しかしほとんどの人は知る事はないでしょう。借金が全額なくならない。
5?10年間前後は、新たにお金を借りることやローンを組む事が難しくなります。


そうなんです。破産の履歴は流れますので、当分の間は高い物などを買う事が出来なくなります。

だが、これはある意味、これまでのお金の使い方を見直す良い機会とも解釈出来ますので、一概にマイナスとばかりとは言えません。
それでは、自己破産最大の悪い点は、サインしてくれた帯保証人も関係してくる事です。 破産宣告は本人の債務は消えます。


では、なんでお金を貸してくてた業者は毎月の支払いを安くしてくれるのでしょうか?何故なら、あっちからからすれば、僅かでも、返してくれる事を望みます。仮に自己破産なんてされたら、あちら側は貸したお金が全くが戻ってこなくなります。

今、あなたの現状は、かなりの借金を持っているとしましょう。

月々の返済が全然できず、どうにもならない状況です。その時、真っ先に対処する事は、お金を借りた業者から催促をさせない事です。


持っていかれますので、資産は奪われます。

そうなると、暮らしていく上でかかせない自宅も探す必要が出て来ます。それのみではなく、9万円を越す現金や20万円を越える株式や有価証券等も資産と判断されまので、新たな生活を始めるのが辛い状況に変わります。

他には、破産宣告してから7年?10年位は、ローンの利用やクレジットカードを作ったりすることが不可能です。ですが、働き始めて日が浅い会社員の人でも、再生期間中を介して返済が出来そうかどうかを判断してもらって、可能な時もあります。それと、女性の方でも専業主婦で自分の収入がない時、個人再生は通りませんけど、バイト等で毎月少ないながらにも収入が発生していて、夫と収入を合算したら、月々、借金を返していく事が可能な時、個人再生の申請が通る可能性は上がります。



個人事業主に関しても見ていきましょう。