広川町の法律事務所はこちら(和歌山県)


和歌山県の広川町にある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも和歌山県の広川町にある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



しかし、ここがポイントで任意整理とは、裁判所を介さない貸金業者との対応になりますので、中々個人の方が伝えてもすんなり通らないかもしれません。
ですので、法律事務所に任せたほうが懸命です。後は、分からない人が多数だと感じますが、法律の「貸金業法21条1項9号」に書かれているもので、債権者に法律事務所から受任の通知が送られた後。



では、マイナスのポイントをご説明していきます。
住宅ローンの支払いは、これまで通りしなければいけない。保証人にも影響がある。

官報に掲載される。ただしほとんどの人達は見る事はないでしょう。債務が全で免除される訳ではない。



だいたい5?10年の間は、キャッシングや、ローンを組む事が難しくなります。



先に、個人再生のプラスな所から、記入していきます。持ち家をお持ちなら手放さなくて大丈夫。

この家に関しての事が、一番個人再生の恩恵です。次に、自己破産での申請が通らなかった人でも個人再生の申請は出来ます。住宅ローン以外の債務を減額してもらう事が可能です。財産を手放さなくて大丈夫。

それに資格の制限はなく、現状残っている借入金の2割を払えば残りの8割は払わなくて良い。どういう事かというと継続して収入がある人になります。


では任意整理のメリット、デメリットについても記述していきます!まずメリットですが、これまでご説明した以外には、周りの人にバレずに行えます。
現在、収入が少ない方でも出来ます。これまで、利息を過剰に払い過ぎてる人は、任意整理で返ってくるであろうお金で借入金を減らす事が出来ます。さらに仕事の制限や資格の制限はされません。今度は、借入をしないような心境になっている事でしょう。
以上、法律事務所を利用した債務整理の事をお話していきました。


序盤でお話したように、とっかりとしては、現状況をちゃんと把握する事。それがあなたの人生を生きる為の一歩です。決して一人で考え込まず、新しい人生を作り上げていきましょう!ですが、連帯保証人の免除は出来ません。ですので、債権者は当事者から取り立てる事は出来なくなりますけど、次は、連帯保証人へ借入金の返済を告げる事が大丈夫なのです。借金の額が大きい程、連帯保証人も返済が難しくなり、サインしてくれた保証人も自己破産せざるを得ない状況にもなります。こんな場合もありますので、よく考える必要はあります。

自分の所有ではなくなりますので、資産は全てなくなります。



そうすると暮らすのに必要な家も準備しなければなりません。
それのみではなく、9万円を越す現金や20万円を越える株式や有価証券等も対象の範囲に入りますので、新たな暮らしを開始するのは難しい現状に困ると思います。後は、申請してから7年?10年位は、ローンを組んだり、クレジットカードを発行することが厳しくまります。最も、重要な事は、あなたの現状をしっかり見つめる事!そこです。

それでは、一概に債務整理といえど、どんな種類が存在するのかよく分からないと思いますので、3種類の解決方法を記述していきます。

まず、債務整理とは、借入金のトラブルを解消する為の呼び名の総称です。
今後の返済がとて難しい状態を指します。債務者に向けて直に督促を、求めてはいけないという掟となっています。そうすると、最初に行うのは、督促をさせないようにします。このように、法律事務所で任意整理の話を展開していきます。
法律事務所が、毎月の借金の返済額を下げるように貸金業者との対応の臨んでくれます。
その中で、法律事務所と、貸金業者との、丁度良いポイントを合わせていくのです。

ここからが大事です。



あなたにしっくりくる借金減額の流れや、毎月の返済額がはっきりする!お腹が痛くなるほどの現状から…早く元の状況へ戻りましょう!まず、大切なのは、おかれている状況を客観的に整理する事から始まります。いきなり法律事務所へ向かうのは気が引ける…。



では、個人再生が可能な条件についてでですが、毎月、債務を返していく事が不可能だと見なされたら個人再生の申請は出来ます。

住宅のローンとは別で、借金の総額が5,000万円以下。先程の返済していく事が難しいと見なされるポイントは、返済の日なのに、返済する事が続けて行えない状態を指します。


ですので、一時返済出来ないだけでは、返済が出来ないと判断されません。


大別して、債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産の3種類を行えますが、法律事務所にお願い出来る債務整理の内の一つの任意整理の事を、記述していきます。

任意整理とは、簡潔にお伝えしますと、払いすぎた利息分、今後払う利息を免除して、月々の支払いを見直す事が出来る、債務整理の方法です。



では続けます。このように、法律事務所を用い債務整理で自己破産を行おうと考えるなら連帯保証人にもちゃんとその事を話す必用があり、承諾をもらってから実際の手続きにいったほうががいいと思います。



では、実際にどのような状況で法律事務所を通した自己破産が出来るかというと。


債務の返済日はきているけど、永続的に、返していく事が厳しい時。
任意整理は、何も知らない人がするより、法律事務所に任せた方が、大幅に借金を少なくしてくれる可能性が高いという事です。それは何故かというと法律事務所の方が、何も知らない人より法律を網羅し、何度も交渉しているからです。
なので、賃貸業者とのやり取りをスムーズに進めてくれます。

任意整理を受ける事が可能なのは、受理された後、借金が減額し、残った借金を、3年位でしっかり返済可能な人が対象です。


ですが、働き始めて日が浅い会社員の人でも、再生期間中を通して返済がいけるのかどうかを見てもらって、可能と判断されれば通る事もあります。


女性のケースで、専業主婦で己の所得がない場合、個人再生は利用出来ませんが、バイトなどで僅かながらでも収入を頂いていて、夫との収入と合算ずれば、月々の借り入れ金を返済していく事が大丈夫な時、個人再生を用いれる可能性は高まります。
次は、個人事業主に関して。そして個人再生では、破産手続きと同様ではなく、この先、大幅に減額が出来ましたら今後は、債務を返済していく必要がありますので、収入を継続的に得れる人が審査に通る条件ですので、今、収入を得れていなければ、個人再生は通りません。
会社で働かれていて勤務年数が3年位、続いていれば収入にもよりますけど申請はそう難しいものではありません。


では、どうして貸金業者側が月々の返済額を少なくしてくれるのでしょう?答えは、貸金業者側からしたら僅かでも、返してくれる事を望みます。もし、破産宣告なんて行われると、それこそ一円も取り戻せない状況になります。

今、仮にあなたは借金が重なり辛い状況だとします。


月々の借金の返済が出来なくてく、かなり厳し状況です。そんな場合、最優先にする事は、貸金業者からの督促をストップさせる事です。

しかし、考え方によっては一概にそうとは言えません。この後も、読んで頂ければ、なるほどと感じるはずです。

あなたの人生を再出発するチャンスにもなり得ます。法律事務所から見る債務整理で最も威力があるのが自己破産です!自己破産を実行すればこれまでの借入金が全部なくなります。

新たに人生をやり直したい人には、最も適した債務整理のやり方となります。
ですが、効果の高い自己破産。次に、マイナス面にも触れていきましょう。
それは、5?7年の間、信用情報機関(ブラックリスト)に任意整理の情報が留まりますので、ローンの利用や、カードを新たに作ったりする事が無理です。借入金が全額、免除される事はないです。そのように、任意整理の事をお伝えしていきましたので、次に、個人再生についてご説明していきます。個人再生とは、多くの借金で首が回らなくなり、これ以上、返済を続けることが難しい時に債務整理を利用する事で借入金を減らす事は可能ですけど、任意整理だけで返していくことが厳しいケースがあります。



返済が難しい多額の借金がある状況では、日々の生活で借金の事が重くのしかかり…、あなたの大事な人生が困難極まりない状況だと思います。それでは、あなたの人生がもったいないですし、社会に対してもマイナスとなっています。

債務整理を申請することで、借入金をどうに出来、借金がなかった時の自分のような、幸せいっぱいの暮らしを歩みましょう!これから、再スタートです!そんな時にもってこいで、任意整理と自己破産の真ん中位の感じです。

法律事務所に相談して、裁判所へ個人再生の申し込みをし、現時点での多額の借金をかなり減らす事が可能です。最も良い所は、住宅ローンを組んでいるという所です。

住宅ローのみを今まで返してきたように債権者へ返しながら、住宅ローン以外の債務を大幅に下げるということも可能です。


いつも、返済の事沈んでいた時間を元に戻せます。

ピンチから羽ばたけます。
今後の仕事に集中出来ます。



不眠とおさらばです。

いつも気が休まらなかった現状が緩和します。
お金が理由で周囲の人間と揉める回数が圧倒的に減ります。



自分の人生を生きている実感が出てきます。
こんな感じで、破産の情報は金融機関等で共有されますので、しばらくは、現金のみで買えない高い物の購入が不可能となります。だが、これはある意味、今までの、お金の管理のやり方を見つめる、チャンスともなりますので、何もかも悪い事ではありません。


そして、破産の最も憂うべき点は、連帯保証人へ火の粉が飛ぶ事です。

破産すると借り入れした者の借入金は全部なくなります。

安定した売り上げと考えた時、月々の売り上げが予測しづらかったり、収入が良いタイミング、悪いタイミングがある職種に該当される方もいらっしゃると思われますが。

そういう場合は、売り上げの下がっている時と、売り上げ良い時を考慮し考えてくれますので、返済出来るとジャッジされたら、個人再生を用いれる可能性はグッと上がります。


次に法律事務所における、プラスな所とマイナスな所を。

法律事務所に任せて裁判所に、返いしてく事が不可能な状況を話して債務を免除してもらう事が可能です。

借金の全額を無効としてもらえるのが特徴です。そして、借入金が存在感していなかった時の日常に戻る事が出来ます。



自己破産が可能かどうか見分けるのは、裁判所が決めます。ではどのような判断基準かといいますと先程の話にもあったように、返済日はきているけど返済する事が不可能。
返す日までに、返済するのが、一時的はなく、毎月払えそうにない場合。



裁判所が債務者の状況を判断し、債務を消さないと、普通に生活していく事がままならないと判断した時です。



ラストに良いポイントも確認していきましょう。
債務がなくなります。戸籍や住民票に自己破産の経緯が記されることはありません。


選挙権などの公民権もはく奪される事はありません。

当然良い所だけではないです。良い所に比例するように悪い所もあります。 それでは先にデメリットからご説明していきます。



自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。
破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。

さらに価値のある資産は何もかも…。


何前は出さずにタダで確認することが可能です!一体、どこの法律事務所に行ったらいいのかなんて知る由もない。こういった場合スムーズに調べれることが大事です。
新しい一歩を踏み出しましょう!方法はあります。

家族や周囲にばれるのではないかと、心配かもしれません。

中には周囲に気づかれず状況に応じて債務整理、可能なものもありあます。自己破産が理由で、会社を解雇されるこ事はない。資産を所有してなければ自己破産の手続きにそんなに時間は要しません。



自己破産が完了してからの収入は、全てもらえます。



貸金業者から連絡や取り立てがなくなります。
毎月の返済に怯える事が消えます。現段階の暮らしの悩みが緩和されます。このようになっています。
なんと言っても、個人再生の一番のメリットは、持ち家を手放さなくて良い事です。


こんな具合に、法律事務所から理解出来る債務整理のやり方は、決して一つではないので、個人の判断ではどれを選んだらいいのか分かりにくかもしれません。では最後に、法律事務所から分かる債務整理の中の自己破産についてです。自己破産と聞くとマイナスのイメージです。