津軽線の法律事務所はこちら(青森県)


青森県の津軽線にある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも青森県の津軽線にある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



安定的な収入という所で見た時、毎月の売り上げが分かりにくかったり、繁忙期、閑散期のある仕事となる人もいると考えられますが。その時は、売り上げが低い時と、高い時を考慮してくれますので、返していく事が可能だと判断されれば、個人再生手続きは可能かもしれません。
それでは法律事務所における、メリット、デメリットを。

返済していくのが厳しい状況下では、毎日の生活では、借入金の事がちらつき苦しくなり、あなたの大切な人生が蝕まれている状態です。それでは、絶望の淵でしょうし、社会にとってもいいとは言えません。

法律事務所の事を理解し債務整理をする事で、借入金を減額出来たり免除出来るようになり、借入金が存在しなかったなかった頃のような、ハツラツとした人生を取り戻しましょう!この瞬間から変わりましょう!しかし、考え方によっては一概にそうとは言えません。この後も、読んでいく中で、気付きはあると思います。あなたの人生を再出発するチャンスになります。法律事務所から分かる債務整理で最も効果の高いものは自己破産です。自己破産を行えば今までの債務が全て免除されます。
新たに人生をやり直したい人には、一番フィットした債務整理です。

だが、威力のある自己破産。
自己破産が原因で、今の会社を辞めらされることはないです。資産がなければ申請にそんなに時間は要しません。
自己破産が完了してからの収入は、全て頂けます。貸金業者からの取り立てが終わります。



月々の返済に、頭を悩ませる事がなくなります。



現状の生活の不安がなくなります。

当然良い所だけではないです。良い所に比例するように悪い所もあります。
それでは先にデメリットからご説明していきます。自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。


破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。 さらに価値のある資産は何もかも…。
じゃあ、なんで貸金業者は月々の支払いを安くしてくれるのでしょうか?答えは、貸金業者側からしたら少しでも、返済して欲しいからです。仮に自己破産なんてされたら、貸金業者は、一円も返済されない状況に陥ります。
現状、あなたは借り入れがかさみ厳しい状況としましょう。月々の返済額と収入のバランスがとれず、身動き取れません。そういう時に、まず最初に行う事は、貸金業者からの催促を止める事です。そういう場足に最適で、個人再生は、任意整理と自己破産の丁度、真ん中のイメージです。
法律事務所を経て、裁判所へ個人再生の話をして、返済し続ける事が難しい借入金を、大きく減額する事が可能です。



最も良い所は、住宅ローンを組んでいるという所です。住宅ローのみを今まで返してきたように返済しつつ、住宅のローン以外の借金を大幅になくす事に繋がります。法律事務所を通して裁判所へ、返済を続行する事が無理な現状を伝えて借金を無効としもらうものです。
全債務を免除してもらうのはこの方法になります。債務をもっていなかった頃の自分に戻る事が出来ます。


そして、自己破産が通るかどうかは、裁判所の判断によります。ではどのような判断基準かといいますとこれまでの話のように、支払日は迎えているけど返す事が無理な状態。あなたに最も合った借入金を減らすやり方や、毎月の返済額が分かる!胸が締め付けられる状況から早く元の状況へ戻りましょう!最も、必要な事は、おかれている状況を客観的に整理する事から開始します!だけど、急に法律事務所へ問い合わせるのは…。だけど、ここが厳しい所で任意整理とは、裁判所を介さない貸金業者との対応になりますので、ちゃんとお金を借りたご本人が伝えてもすんなり通らないかもしれません。



その場合、法律事務所に依頼したほうがスムーズにいくことでしょう。それから、お知りでない方が多いと思いますけど、「貸金業法21条1項9号」に載っているもので、債権者に法律事務所から受任の通知が送られた後。このように、法律事務所を用い債務整理で自己破産を行おうと考えるなら連帯保証人にもしっかりと破産の事を喋る必用があり、OKを頂いてから破産の手続きに移った方がいいでしょう。では、実際にどのような状況で法律事務所を通した自己破産の申請が通るかといえば。

借金の返済日は過ぎているけど、継続して、返済する事が不可能な時。


だが、連帯保証人の免除をしなくてもいいのです。このように、金融機関は本人に催促する事は出来ませんが、次は、連帯保証人へ借入金の返済を告げる事が大丈夫なのです。借入金が大きければ連帯保証人も返済が出来なくなって、保証人になってくれた方も自己破産せざるを得ない状況にもなります。



こんな場合もありますので、よく考える必要はあります。個人再生の良い面から、記入していきます。
所有している家がある場合、もっていかれません。


この家に関しての事が、一番個人再生の恩恵です。

次に、自己破産での申請が通らなかった人でも個人再生の手続は大丈夫です。


住宅ローンとは別の借入金の総額を減額してもらう事が可能です。



財産を手放さなくて大丈夫。



資格の制限はなし。現状、負担となっている返済額の2割を払うと残りの8割は免除。


そうなんです。

破産の履歴は流れますので、当分の間は高い物などを買う事が不可能となります。
しかしですね、考え方を変えればデメリットではなく、今までの、お金の管理のやり方を見つめる、ターニングポイントともなりますので、一概にマイナスとばかりとは言えません。次に、破産をする事の最大のデメリットは、力を貸してくれた連帯保証人へ影響を及ぼす事です。自己破産は債務者の借金は綺麗に消えます。
今度はマイナス面もご説明していきます。
家のローンの借り入れ金は、今まで通り返済しなければ駄目です。保証人にも影響がある。
官報に載ってしまう。

しかしほとんどの人は知る事はないでしょう。借金が全額なくならない。

だいたい5?10年の間は、キャッシングや、ローンの利用が不可能。どういう事かというと継続して収入がある人になります。
次に、任意整理の良いポイント、悪いポイントに関しても触れていきましょう!最初に良い所ですが、今までお伝えした以外では、周囲の人間に知られずに出来ます。


今、収入があまりない人でも可能です。


これまで利息を支払い過ぎてる方は、任意整理で戻ってくるであろうお金で借金の元本を少なくする事が可能です。仕事の決まりや資格の決まりがありません。支払日までに、返す事が、一回とかではなく、継続して出来ない場合。客観的に裁判所は、債務者の日常が、債務を消さないと、きちんとに暮らす事が出来ないと受け取った時です。

それでは最後にメリットもみていきましょう。債務がなくなります。戸籍や住民票に自己破産の事は記されません。選挙権などの公民権もこれまでと同様にあります。


個人再生が通るかどうか、否かについてですが、今後、借入金を返済していく事が無理だという判断を下されたら個人再生の手続きが可能です。住宅のローンとは他に、全借金の合計額が5,000万円以下。先程の返済していく事が難しいと見なされるポイントは、返済の日を迎えているのに、返済する事が継続して出来ない状況となります。

ですので、一時返済出来ないだけでは、返済が難しいとは判断されません。
このような感じです。やはり、個人再生の一番の良い所は、持ち家を、持っていかれない部分です。


こんな具合に、法律事務所から理解出来る債務整理の数は、一つではありかせんから、ご本人のチョイスでは、何が良いのか判断出来ないかもしれません。
では最後に、法律事務所から理解出来る債務整理の中の自己破産についてです。自己破産と聞くとマイナスのイメージです。そんな個人再生ですが、破産手続きとは異なり、今後、債務を減らす事が出来たら、それ以降は支払う必用が出てきますので、収入がなくならない人が免除される対象ですので、収入源がないと、個人再生は利用不可となります。
ですので、普通に勤めに出られていて勤務年数が3年位に達していれば収入にもよりますけど申請はそう難しいものではありません。ですが、働き始めて日が浅い会社員の人でも、再生期間中を通して返済する事が大丈夫なのかどうかを判断してもらって、可能な時もあります。それと、女性の方でも専業主婦で自分の収入がない時、個人再生は用い入れませんが、パートなどで月々数万円の収入があって、旦那さんとの月収を合算すれば、毎月の債務を返済していく事が大丈夫な場合、個人再生を使える確率は上がります。それでは、次は個人事業主の場合です。

では、悪い所についてもご説明していきます。



何かと言いますと、5?7年の間、信用情報機関(ブラックリスト)に任意整理の件が把握されていますので、ローンを組んだり、カードを作ったりが出来ない。

それと、借金が全額免除されない。そのように、任意整理の事をお伝えしていきましたので、今度は、個人再生に関して記述していきます。個人再生とは、多くの借金で首が回らなくなり、これ以上、返済を続けることが難しい時に債務整理を用いる事で借金を少なくする事は行えますが、任意整理のみでは返していくのが難しいときがあります。
月々、返済に奪われていた時間をこれまでみたいに戻せます。

どうしようもない現状から羽ばたけます。今後の仕事に集中出来ます。

熟睡出来るようになります。

常に俯いていた現状が緩和します。お金が理由で周囲の人間と揉める回数が圧倒的に減ります。

これからの人生が明るくなります。最重要事項は、今の状況を打開する事!そこに尽きます!では、債務整理とはどんな意味が含まれているのか知らないと思いますので、3種類の解決方法をご紹介していきます。
その前に、まず債務整理とは、膨れた借入金を打開する為の呼びなをまとめたものです。


自分では返済不可能な状況です。
名出しなしで、お金もかからずにチェック出来ます。
どういった法律事務所が向いてるのかなんて分からない。

だからこそ、簡単に見つける事が出来るものをオススメ致します。


もう悩むのは終わりにしましょう。やり方はあります。

身内にバレてしまうのではないかと不安かもしれません。周りにはバレずに債務整理の手続きが大丈夫なものもあります。今後は借金をしないような心境になっている事でしょう。

以上、法律事務所を用いた債務整理の事をお話していきました。



序盤でお話したように、まずは、今の状況をしっかり見つめる事。



その考えが自分の人生を取り戻す為の最初の行動です。一人っきりで下をむかず、新たな人生を創造していきましょう!債務者に対し直接催促をすることを、出来ないという法律で決まっています。
そうすると、最初に行うのは、督促を止める事です。それから法律事務所で任意整理の手続きを踏みます。
法律事務所が、月々の返済の負担を軽減する為に債権者へ連絡をいれてくれます。

そこで、今後返済する事が厳しい人と、貸金業者との、丁度良いポイントを合わせていくのです。



ここからが大事です。では債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産の3種類があるのですが、法律事務所で行える債務整理の中の一つである任意整理のことに関して、記述していきます。任意整理とは、簡単に言いますと、過払いのある利息分、これから支払う利息をなくして、毎月の返済を修正出来る、債務整理の手法です。それでは続けていきます。任意整理は、ご自身で行うより、法律事務所に任せた方が、大きく借り入れ金を減らしてくれる可能性がグッと上がります。



どうしてかといえば、法律事務所の方が、当然素人の人より法律に詳しくこれまでの経験も蓄積しているからです。ですから、債権者との話合いをいい具合にしてくれます。任意整理を受ける事が可能なのは、任意整理がうまくいった時、借入金が減った後の借入金を、3年程度でちゃんと返せる見込みがある人です。自分の手の内から離れますので、全資産は消えてしまいます。こういうケースは、生きてく上で大切な住む所の準備が迫られます。他には、9万円を越える現金や20万円を越す株式や有価証券等も対象の範囲に入りますので、新たな生活をスタートする事がキツい現状に困ると思います。

他には、破産宣告してから7年?10年位は、ローンの使用や、クレジットカードの発行がNGです。