湘南モノレール江の島線の法律事務所はこちら(神奈川県)


神奈川県の湘南モノレール江の島線にある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも神奈川県の湘南モノレール江の島線にある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



個人再生の良い面から、記述していきます。もし、ご自身の家を所有されているなら手放さなくて問題なし。この家に関しての事が、一番個人再生の恩恵です。そして、自己破産の申請が駄目だった方も個人再生の申請は出来ます。住宅ローン以外の債務を結構減額可能です。
さらに、財産を奪われない!資格制限なし。


現在残っている返すお金の20%を支払えば残りの80%は免除。



だが、見る角度を変えると一概にそうとは限りません。
今後の内容に目を通して頂ければ分かるはずです。あなたの人生を再スタートする機会にもなり得ます。
法律事務所から見る債務整理の中で一番凄いのが自己破産です。自己破産を行使したらこれまであった借金が全てなくなります。

再度、人生を立て直したい方には、だけど、威力が高い自己破産。



当然良い所だけではないです。


良い所に比例するように悪い所もあります。 それでは先にデメリットからご説明していきます。自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。

破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。
さらに価値のある資産は何もかも…。競りにかけられますので、持ち家や土地などの資産はなくなります。こういうケースは、生きてく上で大切な自宅も用意しなければいけません。

さらに、9万円をオーバーするお金や20万円をオーバーする株式や有価証券等も資産とみなされまので、新たな暮らしをスタートするのが苦しい状況に陥ります。 後は、申請してから7年?10年位は、ローンの利用やクレジットカードを作ったりすることが不可能です。支払の期日に、返すのが無理な事が、一回だけではなく、続けて不可能な時。
裁判所が債務者の状況を判断し、借金を免除しないと、ちゃんと暮らしていくい事がままならないと判断した時です。



最後にプラス面もお伝えしていきます。借り入れ金が全て免除されます。戸籍や住民票に自己破産の掲載はありません。
選挙権などの公民権も問題ありません。返していくことが困難な借り入れがある場合は、日々の暮らしで借金の事で頭がいっぱいになり、あなたの大事な生活は無残な状況だと思います。

そんな状態では、あなたの人生にとって負担となりますし、社会に対してもマイナスとなっています。

債務整理を実行する事で、借金に正面から立ち向かえるようになり、借金がなかった時の自分のような、幸せいっぱいの暮らしを歩みましょう!そして、この瞬間から行動開始です!このように信用情報に履歴が記されるので、時間が経過しなければ、カードを使っての買い物が無理となります。
しかしですね、考え方を変えればデメリットではなく、これまでのお金の使い方を見直すチャンスともなりますので、全て良くないわけではありません。では、自己破産の一番の間マイナス面は、協力してくれた連帯保証人へ迷惑がかかる事です。

自己破産は自分のこれまでの借入金はなくなります。あなたに適した借金減額のノウハウや、月々の返済額を理解できる!胸が締め付けられる状況から輝いてた頃に戻る!最も大切な事はおかれている状況を客観的に整理する事から始まります。いきなり法律事務所へ問い合わせるのは…。

破産した事が理由で、働いている会社を解雇される事はありません。
資産をおもちでなければ破産の申請に左程時間は入りません。
自己破産が受理されてからの給料は、全部自分のものです。債権者から督促がこなくなくなります。

月々の返済に、苛まれる事が消えます。


現段階の暮らしの悩みが緩和されます。大別して、債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産の3種類があるのですが、それでは法律事務所で取り扱う債務整理のうちの一つの任意整理のことについて、一旦、お伝えしていきます。



任意整理とは、簡潔にお伝えしますと、余分に払っていた利息分、今後支払っていく利息分をストップして、月々の払いを軽くする事が可能な、債務整理の手法です。それでは続きを。
じゃあ、なんで貸金業者は月々の支払の減額を認めてくれるのでしょうか?答えは、貸金業者側からしたら少しでもいいから、お金を返してほしいからです。

万が一、自己破産なんてされると、それこそ一円も取り戻せない状況になります。

仮に、あなたは今、借金が膨れ上がってるとし仮定ましょう。月々の返済額と収入のバランスがとれず、身動き取れません。


そんな場合、最優先にする事は、貸金業者からの督促をストップさせる事です。

このようになっています。個人再生の最もプラスの面は、持ち家を手放さなくて良い事です。


そして、法律事務所から垣間見る債務整理の種類は、一個ではありませんので、何が自分にとって適しているのか迷ってしまう事でしょう。

では最後に、法律事務所から分かる債務整理の内の自己破産に関してです。自己破産と言えば、負の塊…。
匿名、無料で調べる事が出来ます!どういった法律事務所が向いてるのかなんて分からない。
だからこそ、お手軽に確認に出来ることが重要です。
新しい一歩を踏み出しましょう!色んなやり方があります。周囲に知られてしまうんじゃないかと、不安かもしれません。



しかし、周囲には分からず債務整理、可能なものもありあます。



一番、大切なのは、あなたの現状をしっかり見つめる事!そこに注力する必要があります。
債務整理とは、どういったものが存在するのかよく分からないと感じられているでしょうから、3種類の打開策を、ご紹介していきます。



その前に、まず債務整理とは、借入金の問題をどうにかする手段の総称です。

自分の能力では返済が厳しい状況です。

そして、法律事務所を利用し債務整理の内の自己破産を使うなら連帯保証人を引き受けてくれた方に、ちゃんとその旨を話す必用があり、承諾をもらってから実際の手続きに移行した方がいいです。
じゃあ、どんなタイミングで法律事務所を用いた自己破産を行えるかというと。

債務の返済日はきているけど、継続して、返済する事が不可能な時。

次に、マイナス面にも触れていきましょう。

5?7年の間、信用情報機関(ブラックリスト)に任意整理を利用した事が知られますので、ローンを組んだり、カードを作ったりが出来ない。それと、借金が全額免除されない。ここまで、任意整理についてご説明していきましたので、次に、個人再生についてご説明していきます。

個人再生とは、多くの借金で首が回らなくなり、今後、借金を返していくことが困難な時に債務整理を行使する事で借金を減らす事は出来ますけど、任意整理で借金を毎月返済してくのが厳しい時もあります。
法律事務所に任せて裁判所に、返いしてく事が不可能な現状を伝えて借金を無効としもらうものです。

借入金を全て消しもらえるのがポイントになります。借入金のなかった頃の暮らしに戻れます。


自己破産が可能かどうか見分けるのは、裁判所の答えが全てです。その判断基準ですがこれまでの話のように、支払日はきているけど返済出来ない。



これからは、借金が出来ないようなマインドになっていると思います。以上、法律事務所を用いた債務整理の事に触れていきました。最初に触れたように、とっかりとしては、現状況をちゃんと把握する事。その事が自分の人生を生きる為の一歩です。決して一人で考えず過ぎず、未来を切り開いていきましょう!お次は、悪いところを記入していきます。

住宅ローンの借り入れ金は、今までと同様に返していかなければなりません。

保証人にも関係してしまう。官報に掲載される。ただしほとんどの人は触れる事はないと考えらえます。
借り入れ金が全てなくなる訳ではない。5?10年間位は、お金をキャッシングしたり、ローンを使う事が出来ない。
借金をしている人に対し直接催促を、してはいけない事になっています。
と、なると一番初めの行動は、督促をさせないように法律事務所連絡してもらう事です。このように、法律事務所で任意整理の話を展開していきます。

法律事務所が、毎月の借金の返済額を下げるように貸金業者側に対応してくれます。
その中で、法律事務所と、債権者とで、より良いポイントを合致させます。
ここからが大事です。個人再生が通るかどうか、否かについてですが、借入金を返済していく事が不可能だと指摘されたら個人再生の申請は出来ます。


住宅のローンとは他に、全借金の合計額が5,000万円以下。



毎月返していく事が不可能だと見なされるポイントは、返済の日を迎えているのに、返済する事が続けて行えない状態を指します。ですので、一時返済出来ないだけでは、返済は無理だという風に判断されません。
常に、借金の事で頭がいっぱいだった時間を一蹴出来ます!切羽詰まっていた状況からさよなら出来ます。



これからの仕事に意欲的に励めます。



不眠とおさらばです。
常に俯いていた状況が良方向へと進み始めます。お金が理由で周囲の人間と揉める回数が圧倒的に減ります。


笑顔が増えます。
だけど、仕事を始めてから、まだ期間が短い人でも、再生期間中を介して返済が出来そうかどうかを検討してもらって、大丈夫な時もあります。



それと、女性の方でも専業主婦で自分の収入がない時、個人再生は用い入れませんが、バイト等で毎月少ないながらにも収入が発生していて、夫と収入を合算したら、月々の借り入れ金を返済していく事が大丈夫な時、個人再生の申請が通る可能性は上がります。
それでは、次は個人事業主の場合です。


何かというと、収入が途切れずにある人になります。では、任意整理のプラス面、マイナスに面ついてもお話ししていきます!最初に良い所ですが、今までお伝えした以外では、周囲の人に知られずに行う事が出来ます。現時点で、収入が多くない人でも利用出来ます。



これまで利息を支払い過ぎてる方は、任意整理で返金されるであろうお金で借金の元本を少なくする事が可能です。
ビジネスの制限やお持ちの資格の制限はありません。
任意整理は、ご自身で行うより、法律事務所に依頼した方が、借り入れ金をかなり減額してくれる可能性が高いという事です。



どうしてかといえば、法律事務所の方が、何も知らない人より法律を網羅し、何度も交渉しているからです。


なので、貸金業者との交渉を上手に運んでくれます。


この任意整理が受理されるのは、任意整理が成立後、借金が減った残りの借金を、3年位でしっかり返済可能な人が対象です。継続的に収入を得れるかどうかと見た時、毎月の売上げの波が大きかったり収益が高い時期、低い時期のある職種をされてる方もいると考えられますが。

その時は、売り上げが低い時と、高い時を考慮し考えてくれますので、債務を返していく事が可能と見られれば、個人再生を利用出来るかもしれません。
次は、法律事務所において、プラス面とマイナス面を。



また、個人再生に関しましては、破産手続きとは異なり、申請が通って、借入金を減らす事に成功したら、それから、残った債務を支払っていく必用がありますので、収入を継続的に得れる人が対象になりますので、収入源がないと、個人再生は利用不可となります。

会社で働かれていて働いている年数が3年程もあれば、収入によりけりですが、申請自体左程厳しいものではないです。



そういう場足に最適で、個人再生とは、任意整理と自己破産の丁度、中間位を指します。

そして、法律事務所にその事を話、裁判所へ個人再生の旨を説明して、返済し続ける事が難しい借入金を、大きく減額する事が可能です。

最大のメリットは、住宅のローンを利用している方です。住宅ローンのみ、今までと一緒のように返しながら、住宅のローンとは他の借入金をかなり減らす事が行えます。

とはいえ、連帯保証人の免除がされる事はありません。
このように、金融機関は本人に催促する事は出来ませんが、連帯保証人へは債務の返済を求める事が可能です。
借入金が大きければ連帯保証人も返済が難しくなり、保証人に名乗り出てくれた人も自己破産しなければいけなくなります。
こういう事も起こりうるので、よく考える必要はあります。
ここが簡単ではなくて、任意整理とは、裁判所が関与しない貸金業者との話し合いになりますので、スムーズに個人の方が話合っても結果が伴わないかもしれません。
となると、法律事務所に頼んだほうが良い結果を得られる確率が高いでしょう。
後は、分からない人が多数だと感じますが、法律の「貸金業法21条1項9号」に書かれているもので、法律事務所からの受任通知を貸金業者が受け取った後。