湧水町の法律事務所はこちら(鹿児島県)


鹿児島県の湧水町にある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも鹿児島県の湧水町にある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



法律事務所に託して裁判所に、返済する事が厳しい状況を話して債務を免除してもらう事が可能です。


借入金を全て消しもらえるのがポイントになります。



借金がなかった頃の幸せな日々に戻ることが出来るようになります。

そして、自己破産が通るかどうかは、裁判所の答えが全てです。
それでは、どんな所を見られるかと言いますと、これまでお伝えしたように、返済日はきているけど返済出来ない。当然良い所だけではないです。

良い所に比例するように悪い所もあります。
それでは先にデメリットからご説明していきます。


自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。

破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。
さらに価値のある資産は何もかも…。



ですが、連帯保証人の免除は出来ません。



このように、金融機関は本人に催促する事は無理ですけど、連帯保証人への督促は可能です。


借入金が大きければ連帯保証人も返済が難しくなり、保証人を担ってくれた方も自己破産せざるを得ない可能性が出て来ます。こうなりかねませんので、しっかり吟味しなければなりません。



お次は、悪いところをご説明していきます。

家のローンの借金は、今までと一緒で毎月返済しないと駄目です。

保証人に迷惑がかかる事も。
官報に載ってしまう。
しかし多数の人は知る事がないと思われます。

借り入れ金が全てなくなる訳ではない。5?10年間位は、お金をキャッシングしたり、ローンの利用が不可能。
破産宣告が一因となって、会社を解雇されるこ事はない。資産をもっていなければ手続きにそんなに時間は要しません。自己破産が終わってから入るお金は、全額手元に残ります。債権者からの催促が消えます。

月々の返済に、頭を悩ませる事が消えます。

現段階の暮らしの心配事が大きく解消されます。

名前は伏せてタダで行えます。どこの法律事務所が良いのかなんて思いつかない。

ですので、スムーズに調べれることが大事です。もう悩むのは終わりにしましょう。

やり方はあります。周囲に知られてしまうんじゃないかと、気になるかもしれません。だけど周囲には気付かれずに債務整理の手続きが大丈夫なものもあります。まずは、個人再生のメリットから、お伝えしていきます。仮に、家を所有しているなら、取られることはありません。

この事が、個人再生、最大のメリットです。次に、自己破産での申請が通らなかった人でも手続は行えます。

住宅ローン以外の返済額の合計をかなり免除出来ます。

さらに、財産を奪われない!資格の制限がない。今、残っている返済額の2割を払うと残りの8割は免除。



これで分かるように、自己破産に関しての情報は共有されていましますので、期間内は高額な所品を購入する事が無理となります。

だが、これはある意味、今までの支出を考え直す、良い指標ともなりますので、全て良くないわけではありません。では、自己破産の一番の間マイナス面は、力を貸してくれた連帯保証人へ影響を及ぼす事です。


破産すると借り入れした者の借入金は全部なくなります。それは継続して今後も収入が入る人を指しています。



次に、任意整理の良いポイント、悪いポイントに関しても触れていきましょう!まず良いポイントは、これまでお伝えした他では、周りの人にバレずに行えます。


現在、収入が少ない方でも出来ます。これまで利息を支払い過ぎてる方は、任意整理で返金されるであろうお金で借金の元本を減らす事が出来ます。



仕事の制限や資格の制限がない。

継続的な収入という面で判断し時、月々の収益が判断しにくかったり、収益が高い時期、低い時期のある職種に当てはまる方もいると思われますが。そういう場合は、収益が下がっている時と、上がっている時を加味してみていくことも考慮されますので借り入れ金を返済可能だと感じてもらえれば、個人再生を利用出来るかもしれません。
次は、法律事務所において、プラス面とマイナス面を。

だけど、仕事を始めてから、まだ期間が短い人でも、再生期間中を通して返済がいけるのかどうかを判断してもらって、可能な時もあります。それと、女性の方でも専業主婦で自分の収入がない時、個人再生は用い入れませんが、パート等で月々少額ながらでも収入を貰っていて、旦那さんとの月収を合算すれば、月々の借り入れ金を返す事が問題ない時、個人再生が通る確率は増します。


では個人事業主の時はどうでしょう。

だが、ここが厳しくて任意整理とは、裁判所が関与しない貸金業者との話し合いになりますので、しっかり債務者ご自身が対応するのは厳しいです。なので、法律事務所などにお願いしたほうが懸命です。そして、分からない人が多数だと感じますが、「貸金業法21条1項9号」に載っているもので、貸金業者側に弁護士から受任通知が届いた後。任意整理は、ご自身で行うより、法律事務所に任せた方が、減額出来る借金の額が大きくなる確率が高まります。その訳は明白で、法律事務所の方が、何も知らない人より法律を網羅し、何度も交渉しているからです。ですので、債権者とのやり取りをスムーズに行ってくれます。任意整理が通る条件としては、任意整理が受理されてから、減った残りの借金を、3年位でしっかり返済出来る人です。
借金を返していく事が、極めて困難な現状では、毎日の生活では、借入金の事がちらつき苦しくなり、あなたの大切な現状は、とても辛い状況です。


それでは、絶望の淵でしょうし、社会にとっても大きな損失となってしまいます。債務整理を行う事で、借入金をどうに出来、借入金が存在しなかったなかった頃のような、幸せな生活に戻る一歩です!今が、チャンスです!では債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産の3種類を申請出来ますけど、それでは法律事務所で取り扱う債務整理の内の一個である任意整理について、一旦、お伝えしていきます。任意整理とは、簡潔にお伝えしますと、余分に払っていた利息分、今後支払っていく利息分をストップして、月々の支払いを見直す事が出来る、債務整理のやり方の一つです。


では、その中身もお伝えしていきます。しかし、考え方によっては一概にそうとは言えません。

この後も、読んで頂ければ、なるほどと感じるはずです。



あなたの一生に再チャレンジするタイミングにもなる事でしょう。



法律事務所の中の債務整理で最も効果の高いものは自己破産です。

自己破産を行使したら今までの債務が全て免除されます。
再度、人生を立て直したい方には、最も適した債務整理のやり方となります。


ですが、効果の高い自己破産。

債務者に対し直接催促をすることを、求めてはいけないという掟となっています。


そうすると、最初に行うのは、督促をさせないようにします。
それから法律事務所で任意整理の手続きを踏みます。


法律事務所が、月々の借金の額を免除するように貸金業者と話し合いを進めてくれます。その中で、法律事務所と、賃貸業者側とで妥協点を見つけていく作業です。


ここからが分かれ目です。



最も、大事なのは、あなたの「今」をどうにかする事です。ここです!では、債務整理とはどんな意味があるのか曖昧だと思いますので、3種類の解決方法をお伝えしていきたいと思います。

債務整理の意味は借入金のトラブルを解消する為の呼び名の総称です。

自分の能力では返済が厳しい状況です。このように、法律事務所を用い債務整理で自己破産を行おうと考えるなら連帯保証人を引き受けてくれた方に、ちゃんとその旨を話す必用があり、理解してもらってから破産の申請に移って行った方が関係性が悪くならないでしょう。
では、実際にどのような状況で法律事務所に任せた自己破産が出来るかというと。

債務の返済日はきているけど、継続して、返済する事が不可能な時。

じゃあ、なんで貸金業者は月々の支払の減額を認めてくれるのでしょうか?それはですね、貸金側からしてみれば、少しでもいいから、お金を返してほしいからです。



万が一、自己破産なんてされると、あちら側は貸したお金が全くが戻ってこなくなります。
今、仮にあなたは借金が重なり辛い状況だとします。


月々の返済が全然できず、その場合まず、する事は貸金業者からの督促をストップします。

その時、真っ先に対処する事は、お金を借りた業者から催促をさせない事です。

次に、悪い面についてもお伝えしていきます。
それは、5?7年の間、信用情報機関(ブラックリスト)に任意整理の情報が留まりますので、ローンを用いたり、カードを作ったりする事が難しいです。


借入金が全額、免除される事はないです。そのように、任意整理の事をお伝えしていきましたので、今度は、個人再生についてご説明していきます。
個人再生とは、膨大な借金へと膨れ上がり、このまま返し続けていくことが厳しい時に債務整理を行使する事で借金を減らす事は出来ますけど、任意整理のみでは返していくのが難しいときがあります。支払日までに、返す事が、一回だけではなく、続けて不可能な時。裁判所が債務者の状況を判断し、自己破産を認めないと、普通に生活していく事が困難だと考えた場合です。では最後に良い所も覗いていきましょう。借り入れ金が全て免除されます。



戸籍や住民票に自己破産の経緯が記されることはありません。選挙権などの公民権もこれまでと同様にあります。
そんな個人再生ですが、破産手続きと一緒ではなく、申請が通って、借入金を減らす事に成功したら、今後は、債務を返済していく必要がありますので、現状の収入が途絶えない人が利用可能ですので、現在、継続的に収入をもってないと厳しいです。

ですので、普通に勤めに出られていて勤務年数が3年前後もあれば現状の収入次第ではありますけど、申請に通る確率はあります。
いつもいつも、借金の事を考えていた時間を一蹴出来ます!切羽詰まっていた状況から再スタートをきれます。

これから先の仕事に集中出来ます。
夜、しっかりと寝付く事も可能です。
いつも気が休まらなかった状況がなくなります。お金の原因で身近な人間と争う事がなくなります。笑顔が増えます。そういった具合です。
個人再生の最もプラスの面は、持ち家を、無くさずに済む事です。このように、法律事務所から分かる債務整理の数は、一つではありかせんから、個人の判断ではどれを選んだらいいのか選択に困るでしょう。
それでは最後に、法律事務所から見る債務整理の内の自己破産に関してです。自己破産と言えば、負の塊…。あなたに適した借金減額のやり方や、毎月の返済額がはっきりする!胸が締め付けられる状況から解放されるヒントが!一番最初にする事は今、自分の状況を理解する事から始まります。
だけど、急に法律事務所へ行くのは…勇気がいる。個人再生が利用できるかどうかのポイントですが、今後、借入金を返済していく事が無理だという判断を下されたら個人再生の手続きが可能です。住宅のローンとは別で、借金の総額が5,000万円以下。
先程の返済していく事が難しいと判断されるか否かは、返済の日を迎えているのに、返す事が続けて出来ない事を言います。
以上のように、一回だけ返す事が返済日までに無理だったとかでは、返済は無理だという風に判断されません。自分の所有ではなくなりますので、資産は奪われます。


そうすると暮らすのに必要な自宅も用意しなければいけません。
さらに、9万円をオーバーするお金や20万円をオーバーする株式や有価証券等も資産とみなされまので、新たな生活をスタートする事がキツい現状に陥ります。 後は、申請してから7年?10年位は、ローンを用いたり、クレジットカードを作る事が出来ません。そんな時にもってこいで、任意整理と自己破産の真ん中位の感じです。法律事務所に話て、裁判所へ個人再生の手続きをとり、現時点での多額の借金を大きく減額する事が可能です。一番のメリットは、住宅ローンがある人です。住宅ローンだけをこれまでと同様に債権者へ返しながら、住宅のローンとは別の借金を大きく減額する事が出来ます。今度は、借入をしないような気持ちになっているはずです。以上、法律事務所に託した債務整理の事をご紹介してきました。
冒頭でも述べたように、一番大切な事は、何が自分に適しているのかを考える事。


そこからがあなたの人生を取り戻す始めのとっかりです。



一人ぼっちで下をむかず、新たな人生を切り開いていきましょう!