芸西村の法律事務所はこちら(高知県)


高知県の芸西村にある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも高知県の芸西村にある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



では、なんでお金を貸してくてた業者は毎月の返済額を少なくしてくれるのでしょう?何故なら、あっちからからすれば、少しでもいいから、お金を返してほしいからです。



万が一、自己破産なんてされると、一円も返済されないことになります。

今、仮にあなたは借金が重なり辛い状況だとします。
月々の返済額と収入のバランスがとれず、どうする事も出来ません。そんな場合、最優先にする事は、貸金業者からの督促をストップさせる事です。借金を返していく事が、極めて困難な現状では、毎日の暮らしが借り入れの事で朦朧とし、あなたの大事な人生が困難極まりない状況だと思います。社会にとっても大きな損失となってしまいます。


社会に対してもマイナスとなっています。
債務整理を申請することで、借入金を減額出来たり免除出来るようになり、借入金が存在しなかったなかった頃のような、幸せな生活に戻る一歩です!今が、チャンスです!名前を告げずに、無料で知ることも可能です。

どんな法律事務所が自分に適しているかなんて分からない。だからこそ、直ぐに見つけれることが大切です。

もう悩むのは終わりにしましょう。


やり方はあります。


家族や周囲にばれるのではないかと、不安かもしれません。内容によっては周りの人には知られずに債務整理出来るものもあります。常に、借金の事で頭がいっぱいだった時間を取り返す事が可能です。切羽詰まっていた状況からさよなら出来ます。
これからの仕事に集中出来ます。ちゃんと寝れるようになります。常にビクビクしていた状況が良方向へと進み始めます。
お金の事でもめる事がなくなります。自分の人生を生きている実感が出てきます。

ですが、連帯保証人の免除は出来ません。

以上のように、債権者は借り入れした人間に求める事は無理ですけど、今度は、連帯保証人へ債務の返金を求める事が可能です。借金の額が大きい程、連帯保証人も返済できない確率は高くなってサインしてくれた保証人も自己破産せざるを得ない状況にもなります。



こういう可能性も考えられますのでよく考える必要はあります。
そして、法律事務所を利用し債務整理の内の自己破産を使うなら連帯保証人にもしっかりと破産の事を喋る必用があり、受け入れてもらってから破産の手続きに移行した方がいいです。
それでは、実際にどんな場面で法律事務所を介した自己破産を行えるかというと。借金の返済期日が迫っているけど、継続して、返済する事が不可能な時。それでは、よくない面に関してもお話ししていきます。5?7年の間、信用情報機関(ブラックリスト)に任意整理を利用した事が知られますので、ローンを用いたり、カードを作ったりする事が難しいです。


後は、借入金が全て無効になる訳ではありません。
以上、任意整理のお話しをしていきましたので、次に、個人再生についてご説明していきます。個人再生とは、多額の借り入れ金でどうにもならなくなり、これ以上、返済を続けることが難しい時に債務整理を行う事で借金を減額する事は出来ますが、任意整理で借金を毎月返済してくのが厳しい時もあります。

あなたに最も合った借入金を減らす流れや、毎月の返済する額を知れる!お腹が痛くなるほどの現状から…早く元の状況へ戻りましょう!一番最初にする事はおかれている状況を客観的に整理する事からです!といっても法律事務所へ連絡するのは怖い…。

だが、勤務し始めてから、まだそんなに日が経過してない人でも、再生期間中を通して返済する事が大丈夫なのかどうかを考慮してもらって、いける時もあります。

女性のケースで、専業主婦で己の所得がない場合、個人再生は利用出来ませんが、バイト等で毎月少ないながらにも収入が発生していて、夫と収入を合算したら、月々の借り入れ金を返済していく事が大丈夫な時、個人再生の申請が通る可能性は上がります。

次は個人事業主の場合です。

まず債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の3種類があるのですが、法律事務所に任せれる債務整理の内の一つの任意整理の事を、記述していきます。
任意整理の意味は、払いすぎた利息分、今後払う利息を免除して、毎月の返済を修正出来る、債務整理のやり方になります。では、その中身もお伝えしていきます。

しかし、考え方によっては一概にそうとは言えません。
これから読んでいく内に、プラスの面も見えてきます。あなたの一生を見つめ直しやり直す良い機会にもなります。法律事務所による債務整理で一番効果があるのは自己破産です。

自己破産を用いれば今迄の債務が綺麗に消えます。

もう一度、人生の再出発を切りたい方には、一番合った方法ともなり得ます。
ですが、効果の高い自己破産。

また、個人再生に関しましては、破産手続きと同様ではなく、この先、大幅に減額が出来ましたらそれから、残った債務を支払っていく必用がありますので、現状の収入が途絶えない人が対象になりますので、収入をお持ちでないと、個人再生は行えません。
なので、現在会社勤めをされていて勤務年数が3年位に達していれば収入にもよりますが、申請はそんなに厳しいものではないです。



これからは債務を作らないような心構えになっています。以上、法律事務所に託した債務整理の事について述べていきました。序盤でお話したように、とっかりとしては、現状況をちゃんと把握する事。
その考えが自分の人生を取り戻す為の最初の一歩です。

憂鬱に一人で塞込まないで、人生を良いものに変えていきましょう!破産した事が原因で、会社を解雇されるこ事はない。
資産をおもちでなければ破産の申請に左程時間は入りません。


自己破産が終了してから頂くお金は、全部自分のものです。



債権者からの連絡がこなくなります。

月々の返済に脅かされれる事がなくなります。



現段階の心配事が大きく解消されます。自分の手の内から離れますので、全資産は消えてしまいます。

その場合、生活するのに必須な家も準備しなければなりません。
それのみではなく、9万円を越す現金や20万円を越える株式や有価証券等も資産と判断されまので、新たな生活を始めるのが辛い状況に変わります。


それと、自己破産してから7年?10年程は、ローンの使用や、クレジットカードの発行がNGです。



法律事務所を通して裁判所へ、返済を続行する事が無理な現状を理解してもらって、借入金を無効にしてもらいます。借金の全額を無効としてもらえるのが特徴です。

そして、借入金が存在感していなかった時の日常に戻れるようになります。
自己破産が行使出来るか否かは、裁判所に委ねられます。どんな所をチェックされるかというと、これまでの話のように、支払日は迎えているけど返す事が無理な状態。

一番、大切なポイントは、今の状況を打開する事!そこです。

それでは、一概に債務整理といっても、どんなものがあるのか曖昧だと思いますので、3種類の解決方法を記述していきます。
その前に、まず債務整理とは、借入金の問題をどうにかする手段の総称です。



今後の返済がとて難しい状態を指します。



このようになっています。
やはり、個人再生の際の最大のメリットですが、持ち家をとられない事です。

そして、法律事務所から垣間見る債務整理の方法は、一つだけではないので、ご自分の選択では、どれを選別していいのか分かりにくかもしれません。ではラストに、法律事務所から知れる債務整理の中の自己破産についてです。



自己破産と聞くとマイナスのイメージです。


どういう事かというと継続して収入がある人になります。では、任意整理のプラス面、マイナスに面ついてもお伝えしていきます!まず良いポイントは、これまでお伝えした他では、周りの人達に分からずにする事が可能です。


現段階で、収入が左程ない人も出来ます。これまで、利息を過剰に払い過ぎてる人は、任意整理を行ったことにより返金されるであろうお金で借入金を減らす事が出来ます。
任意整理につきましては仕事の制限や資格の制限はないです。債務者に対し直接催促をすることを、してはいけない事になっています。そうすると、最初に行うのは、督促をストップする、という事になります。


それから法律事務所で任意整理の手続きを踏みます。

法律事務所が、毎月の返済を楽にする為に貸金業者側に対応してくれます。
そして、法律事務所と、貸金業者との、丁度良いポイントを合わせていくのです。ここからが重要です。


今度はマイナス面も記入していきます。
家のローンの借金は、今まで通り返済しなければ駄目です。保証人にも影響がある。


官報に掲載される。
ただしほとんどの人は知る事はないでしょう。



借り入れ金が全てなくなる訳ではない。
だいたい5?10年の間は、キャッシングや、ローンを使う事が出来ない。そんな時に良くて、任意整理と自己破産の丁度、中間のイメージです。


法律事務所に話て、裁判所へ個人再生の手続きをとり、今、どうにもならない借金をかねり減額する事が出来ちゃうのです。
最大のメリットは、住宅のローンを利用している方です。住宅のローンだけを、これまで返済してきたように債権者へ返しながら、住宅のローンとは他の借入金をかなり減らす事が行えます。

継続的な収入という面で判断し時、月々の売り上げが予測しづらかったり、忙しい時期、暇な時期がある職種に就いてる方もいると思われますが。

そういう場合は、売り上げが下降していると時と、上昇している時を判断基準にしてくれますので債務を返していく事が可能と見られれば、個人再生を使えるかもしれません。

それでは法律事務所における、メリット、デメリットを。

先に、個人再生の良い所から、記述していきます。


仮に、家を所有しているなら、取られることはありません。



この事が、個人再生、最大のメリットです。そして、自己破産の申請が駄目だった方も個人再生の申請はいけます。
住宅ローンとは違う借金を結構減額可能です。


さらに、財産を奪われない!資格の制限はなし。
現状、負担となっている借入金の2割を払えば残りの8割は払わなくて良い。
任意整理は、自分でするより、法律事務所に任せた方が、大幅に借金を少なくしてくれる可能性が高いという事です。


何故なら、弁護士の方が、当然素人の人より法律に詳しくこれまでの経験も蓄積しているからです。
なので、賃貸業者とのやり取りをスムーズに進めてくれます。任意整理が通るのは、受理された後、借金が減額し、残った借金を、3年前後で返せそうな人です。

だが、ここが厳しくて任意整理とは、裁判所を通さない貸金業者とのやり取りになりますので、上手く債務者本人が伝えてもすんなり通らないかもしれません。
ですので、法律事務所に任せたほうがとてもスムーズに行えます。そして、分からない人が多数だと感じますが、「貸金業法21条1項9号」の内容で、債権者へ法律事務所から受任の知らせが届けられた後。

当然良い所だけではないです。


良い所に比例するように悪い所もあります。 それでは先にデメリットからご説明していきます。
自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。

破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。 さらに価値のある資産は何もかも…。


これで分かるように、自己破産に関しての情報は共有されていましますので、時間が経過しなければ、カードを使っての買い物が難しくなります。


だが、これはある意味、これまでのお金の使い方を見直すターニングポイントともなりますので、全部が全部悪いとは言いきれません。そして、破産の最も憂うべき点は、協力してくれた連帯保証人へ迷惑がかかる事です。
自己破産は債務者の借金は綺麗に消えます。支払日に、返済が出来ない事が一回だけではなく、続けて不可能な時。


第三者の目で裁判所は、当事者の暮らしが、自己破産を通さなければ、普通に生活していく事が難しいと認めた時です。
最後にプラス面もお伝えしていきます。

債務が全額免除されます。
戸籍や住民票に自己破産の掲載はありません。選挙権などの公民権もはく奪される事はありません。それでは、法律事務所を用いて個人再生が出来る条件としてですが、毎月、債務を返していく事が不可能だと見なされたら個人再生が可能な条件に沿います。その他に、住宅ローン以外の債務の合計額が5,000万円以下という事。

月々返済していく事が無理だと見なされるポイントは、返済の日なのに、返し続ける事が無理な状態を指します。



なので、一回分、返済が無理だったりとかでは、返済が出来ないと判断されません。