藍住町の法律事務所はこちら(徳島県)


徳島県の藍住町にある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも徳島県の藍住町にある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



一番、大切なポイントは、あなたの現状をしっかり見つめる事!そこに注力する必要があります。

債務整理といえど、どんな種類が存在するのかよく分からないと感じている人もいるでしょうから、3種類の解決方法を、ご説明していきます。

まず、債務整理とは、膨れた借入金を打開する為の呼びなをまとめたものです。

借金をこのまま返すのが困難な状態です。
今度は、借入をしないような考え方に変わっているはずです。これまで、法律事務所に委ねた債務整理の事について述べていきました。
序盤でお話したように、まずは、今の状況をしっかり見つめる事。その事が自分の人生を生きる為の始めのとっかりです。



一人ぼっちで考え込まず、新しい人生を切り開いていきましょう!このように、法律事務所を用い債務整理の一つである自己破産を駆使するなら連帯保証人を引き受けてくれた方に、ちゃんとその旨を話す必用があり、理解してもらってから破産の申請に踏み切ったほうががいいでしょう。では、どんな現状になったら法律事務所を通した自己破産が利用出来るかというと。
債務の返済日はきているけど、継続して、返済する事が不可能な時。

大別して、債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産の3種類がありますけど、法律事務所に任せれる債務整理の内の一つの任意整理の事を、記述していきます。それえでは、任意整理とは何なのかといえば、必用以上に払っていた利息、これから払っていく利息が戻って来て、毎月の返済を修正出来る、債務整理の方法です。
では、その内容と訳もお話していきます。お次は、悪いところをお伝えしていきます。
家のローンの借り入れ金は、今までに引き続き返済していく必要があります。
保証人にも影響がある。官報に載る。だが大半の人達は見る事はありません。
借り入れ金が全てなくなる訳ではない。


およそ5?10年の間、借り入れする事や、ローンを使う事が出来ない。任意整理は、ご本人様で対応するより、法律事務所に託した方が、減らしてくれる借金の額が大きくなる可能性が高まります。


理由は簡単で、法律事務所の方が、何も知らない人より法律を網羅し、何度も交渉しているからです。

ですから、債権者との話合いをいい具合にしてくれます。

任意整理を受ける事が可能なのは、任意整理が受理されてから、減った残りの借金を、3年前後で返せそうな人です。だけど、見方によれば、一概にそうとはなりません。


これから読んでいく内に、プラスの面も見えてきます。あなたの一生に再チャレンジするタイミングにもなり得ます。


法律事務所から見る債務整理で最も効果の高いものは自己破産です。

自己破産を利用したらこれまでの借金の全てが免除。

再度、人生を立て直したい方には、最も適した債務整理のやり方となります。しかし、効果がある…自己破産。



では、悪い所についてもご説明していきます。5?7年の間、信用情報機関(ブラックリスト)に任意整理を利用した事が知られますので、ローンを使ったり、カードを発行する事が出来ません。それから、借金が全額、消えるわけ訳ではないんです。

ここまで、任意整理についてご説明していきましたので、今度は、個人再生についてご説明していきます。



個人再生とは、借金が大きく膨らみ、今後、借金を返していくことが困難な時に債務整理を用いる事で借金を少なくする事は行えますが、任意整理だけで返済をしていくことは困難な場合があります。

個人再生が通るかどうか、否かについてですが、今後、借入金を返済していく事が無理だという判断を下されたら個人再生の申請は出来ます。

その他に、住宅ローン以外の債務の合計額が5,000万円以下という事。
毎月返していく事が不可能だと判断されるか否かは、返済の日を迎えているのに、返す事が続けて出来ない事を言います。なので、一回分、返済が無理だったりとかでは、返済は無理だという風に判断されません。
個人再生のプラス面から、記入していきます。ご自身の家をお持ちなら手放さなくてよい。これが、個人再生の最も良い所。



そして、自己破産の申請が駄目だった方も手続は行えます。
住宅ローン以外の返済額の合計を減らしてもらえる事も出来ます。財産をとられない!資格制限なし。
現在残っている借入金の2割を払えば残りの8割は払わなくて良い。債務者に対し直接催促をすることを、してはいけない事になっています。このように、最も最初に行う事は、督促をさせないように法律事務所連絡してもらう事です。

それから法律事務所で任意整理の手続きを踏みます。
法律事務所が、月々の借り入れの返済額を少なくするように債権者へ連絡をいれてくれます。


今後、借金を返していく事が困難な人と、貸金業者との、丁度良いポイントを合わせていくのです。ここからが大事です。
何前は出さずにタダで確認することが可能です!一体、どこの法律事務所に行ったらいいのかなんて思いつかない。ですので、簡単に見つける事が出来るものをオススメ致します。もう悩むのは終わりにしましょう。色んなやり方があります。

家族や周囲にばれるのではないかと、不安が過るかもしれません。
周りにはバレずに債務整理の手続きが大丈夫なものもあります。

自分の手の内から離れますので、資産は奪われます。その場合、生活するのに必須な自宅も用意しなければいけません。

他には、9万円を越える現金や20万円を越す株式や有価証券等も対象の範囲に入りますので、新たな生活をスタートする事がキツい現状に困ると思います。


後は、申請してから7年?10年位は、ローンの使用や、クレジットカードの発行がNGです。

安定的な収入という所で見た時、毎月の売り上げが分かりにくかったり、繁忙期、閑散期のある仕事となる人もいると考えられますが。

その時は、売り上げの下がっている時と、売り上げ良い時を判断基準にしてくれますので債務を返していく事が可能と見られれば、個人再生を利用出来るかもしれません。


それでは法律事務所における、メリット、デメリットを。

そういう場足に最適で、任意整理と自己破産の丁度、中間のイメージです。
法律事務所にその旨を伝え、裁判所へ個人再生の事を伝えて、現状のしかかっている債務を大きく減額する事が可能です。
最も良い所は、住宅のローンを利用している方です。


住宅のローンだけを、これまで返済してきたように返しつつ、住宅のローン以外の借金を大幅になくす事に繋がります。しかし、勤めを開始してから、そんなに日が経ってない方でも、再生期間中を通して返済がいけるのかどうかを考えてもらって申請出来る場合もあります。さらに、女性で仕事をしてなくて己の収入がない場合、個人再生は難しいですが、パート等で月々少額ながらでも収入を貰っていて、旦那さんとの収入を合わせれば、毎月の債務を返済していく事が大丈夫な場合、個人再生が通る確率は増します。
それでは、次は個人事業主の場合です。
じゃあ、なんで貸金業者は月々の返済額を少なくしてくれるのでしょう?それは、貸金業者からしてみれば、少しでもいいから、お金を返してほしいからです。債務者が自己破産してしまえば、それこそ一円も取り戻せない状況になります。



現状、あなたは借り入れがかさみ厳しい状況としましょう。
毎月の返済も滞り、どうする事も出来ません。そんな時、まず最初にとる行動は、貸金側からの督促を止める方法です。法律事務所を用いて裁判所に返済不可能な現状を告げて借入金をなくしてもらいます。借金が全てなくなるのが自己破産です。借金がなかった頃の幸せな日々に戻ることが出来るようになります。自己破産が認められるかどうかは、裁判所に委ねられます。
ではどのような判断基準かといいますと先程の話にもあったように、返済日は経過しているけど返せない現状。

期日までに、返済する事が、一回だけではなく、続けて不可能な時。
客観的に裁判所は、債務者の日常が、自己破産を認めないと、きちんとに暮らす事が困難だと考えた場合です。


最後に良い面もお話していきます。借入金の全額を払う必用がなくなります。自己破産の事で戸籍や住民票に影響はありません。


選挙権などの公民権もこれまでと同様にあります。

破産宣告が一因となって、今の職場をクビになる事はありません。資産を所有してなければ自己破産の手続きに左程時間は入りません。自己破産後の収入は、全部自分のものです。
債権者から督促がこなくなくなります。

月々の返済に、頭を悩ませる事がなくなります。
現状の生活の心配が解消します。



あなたに適した借金減額の流れや、毎月の返済額を理解できる!胃がキリキリするほどの生活から解放されるヒントが!一番、大事なのは、現状を知る事からスタートです。

だけど、急に法律事務所へ行くのは…勇気がいる。



それは毎月しっかり収入がある人になります。次に、任意整理の良いポイント、悪いポイントに関しても触れていきましょう!良い面ですが、今までご説明した以外には、周りの人にバレずに行えます。

現在、収入がそんなになくても行う事は可能です。

利息が支払過多な人は、任意整理を行ったことにより返金されるであろうお金で借金の元本を減らす事が出来ます。


さらに仕事の制限や資格の制限はされません。個人再生につきましては、破産手続きとは違い、申請が通って、借入金を減らす事に成功したら、これから、残りの借金を返していかないといけませんので、収入がなくならない人が行えますので、収入をお持ちでないと、個人再生は行えません。
ですので、普通に勤めに出られていて勤務年数が3年前後もあれば現状の収入次第ではありますけど、申請に通る確率はあります。
だけど、ここが厳しい所で任意整理とは、裁判所を通さない貸金業者とのやり取りになりますので、ちゃんとお金を借りたご本人が伝えてもすんなり通らないかもしれません。

ですので、法律事務所に任せたほうが良い結果を得られる確率が高いでしょう。
それと、案外知られてない事ですけど、「貸金業法21条1項9号」の内容で、債権者へ法律事務所から受任の知らせが届けられた後。しかし、連帯保証人の免除をする必要はありません。そして、債権者は債務者に督促する事は無理ですけど、連帯保証人へは借金の返済を促す事が出来ます。


借入金が大きければ連帯保証人も返済が難しくなり、保証人を引き受けてくれた人も自己破産せざるを得ない可能性が出て来ます。
こういう事も起こりうるので、よく考える必要はあります。返済していくのが厳しい状況下では、日々の暮らしで借金の事で頭がいっぱいになり、あなたの大事な生活は無残な状況だと思います。

社会にとっても大きな損失となってしまいます。

社会にとってもいいとは言えません。債務整理を行使することで、借金を自分でコントロール出来るようにし、これまでの借金のなかった頃のような、元気な暮らしが待っています。今が、チャンスです!こんな感じで、破産の情報は金融機関等で共有されますので、しばらくは、現金のみで買えない高い物の購入が不可能となります。

しかし、これは見方を変えれば、今までの支出を考え直す、一つのきっかけになりますので、一概にマイナスとばかりとは言えません。それでは、自己破産最大の悪い点は、協力してくれた連帯保証人へ迷惑がかかる事です。 自己破産は自分のこれまでの借入金はなくなります。以上の点があげられます。

やはり、個人再生の一番の良い所は、持ち家をとられない事です。


このように、法律事務所から知れる債務整理のやり方は、決して一つではないので、何が自分にとって適しているのか判断出来ないかもしれません。では最後に、法律事務所から分かる債務整理の中の自己破産についてです。
自己破産と聞いたとたん、どんよりした気持ちに…。いつもいつも、借金の事を考えていた時間を取り返す事が可能です。



ピンチから解き放たれます。
今後のお勤めに集中出来ます。

夜、しっかりと寝付く事も可能です。
常に心臓がバクバクだった状況がなくなります。


お金の事でもめる事がなくなります。自分の人生を生きている実感が出てきます。

当然良い所だけではないです。
良い所に比例するように悪い所もあります。
それでは先にデメリットからご説明していきます。自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。

さらに価値のある資産は何もかも…。