鯖江市の法律事務所はこちら(福井県)


福井県の鯖江市にある法律事務所には、借金を背負い辛い日々を過ごす多くの方の悩みを解消する手段である、「債務整理」という手続があります。

現在、日本には2~3百万人もの方が、借金のトラブルを抱えているといわれています。

どれだけ多額の借金でも福井県の鯖江市にある法律事務所で解決できない借金はありません。

債務整理の知識と理解があれば、借金や金利から解放されます。

払い過ぎたていた金利、これから払っていく金利。

過払い金請求で自分のお金を取り戻す人も多いですし、その分、借金が減り月々の支払を大幅に減らす事も可能です。

そんな債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった主に軸となる3つの手続が存在します。

お一人で悩まず、まずは自分の今の現状をしっりと見つめましょう。

いずれにしても、債務整理の手続きが開始したら、借金の催促や督促も直ぐにストップさせる事も可能です。

そして、ご自身の現状をまず知りたい方は、オンラインのシュミレーターが適しています。

あなたに適した手続を見つけ、1日も早く借金のある暮らしから抜け出し、明るい未来へ!

小さな一歩を歩き出し、借金の生活から決別しましょう!

バナーエリア



期日までに、返済する事が、一回だけではなく、続けて不可能な時。


裁判所が債務者の状況を判断し、自己破産の手続きを受理しないと、ちゃんと暮らしていくい事が難しいと認めた時です。



最後に良い面もお話していきます。

債務がなくなります。戸籍や住民票に対して自己破産の影響は及びません。
選挙権などの公民権もこれまでと同様にあります。



当然良い所だけではないです。

良い所に比例するように悪い所もあります。
それでは先にデメリットからご説明していきます。


自己破産を申請し破産宣告を実行すると、破産手続きが完了するまでに制限される仕事も存在します。破産手続きが完了するまでの期間は数カ月いりますので、仕事がなくなることになります。

さらに価値のある資産は何もかも…。



任意整理は、自分でするより、法律事務所に託した方が、大幅に借金を少なくしてくれる可能性が高まります。その訳は明白で、法律事務所の方が、当然素人の人より法律に詳しくこれまでの経験も蓄積しているからです。



この事からも分かるように、貸金業者との対応をスムーズに運んでくれます。任意整理が通るのは、任意整理が成立後、借金が減った残りの借金を、3年程度でちゃんと返せる見込みがある人です。今度はマイナス面もご説明していきます。

家のローンの借金は、今までに引き続き返済していく必要があります。保証人にも関係が出てきます。

官報に掲載される。ただしほとんどの人は知る事がないと思われます。



債務が全部綺麗に消える事ではない。

5?10年間位は、お金をキャッシングしたり、ローンを組めない。



ですが、働き始めて日が浅い会社員の人でも、再生期間中を通して返す事が可能かどうかを考えてもらって申請出来る場合もあります。
さらに、女性で仕事をしてなくて己の収入がない場合、個人再生は難しいですが、パートなどをしていて毎月少しでも収入があって、旦那さんとの収入を合わせれば、毎月の債務を返済していく事が大丈夫な場合、個人再生を用いれる可能性は高まります。次は、個人事業主に関して。

これからは債務を作らないような気持ちになっているはずです。



これまで、法律事務所に任せた債務整理の事をお話していきました。



冒頭でご説明したように、まずは、今の状況をしっかり見つめる事。それがあなたの人生を生きる為の一歩です。


決して一人で塞込まないで、人生を切り開いていきましょう!返済していくのが厳しい状況下では、毎日の生活では、借入金の事がちらつき苦しくなり、あなたの大事な生活は無残な状況だと思います。

そんな状態では、あなたの人生にとって負担となりますし、社会に対してもマイナスとなっています。法律事務所の事を理解し債務整理をする事で、借金を自分でコントロール出来るようにし、借金がなかった時の自分のような、ハツラツとした人生を取り戻しましょう!今が、チャンスです!持っていかれますので、資産は奪われます。そうなると、暮らしていく上でかかせない自宅も探す必要が出て来ます。
それのみではなく、9万円を越す現金や20万円を越える株式や有価証券等も資産とみなされまので、新たな暮らしを行う事が非常に切羽詰まった状態になることでしょう。
後は、申請してから7年?10年位は、ローンを用いたり、クレジットカードを作る事が出来ません。このようになっています。



やはり、個人再生の際の最大のメリットですが、持ち家を、奪われない事です。こんな具合に、法律事務所から理解出来る債務整理の数は、一つではありかせんから、ご自分の選択では、どれを選別していいのか選択に困るでしょう。

それでは最後に、法律事務所から見る債務整理の内の自己破産に関してです。自己破産と聞いたとたん、どんよりした気持ちに…。

こんな感じで、法律事務所に任せ債務整理の中の自己破産を行使するとお思いなら連帯保証人にもしっかりと破産の事を喋る必用があり、受け入れてもらってから破産の手続きに移って行った方が関係性が悪くならないでしょう。

それでは、実際にどんな場面で法律事務所を用いた自己破産が行使可能かというと。



債務の返済日はきているけど、永続的に、返していく事が厳しい時。

しかし、連帯保証人の免除をする必要はありません。なので、金融機関は借金を作った本人に請求する事は無理りなりますけど、次は、連帯保証人へ借入金の返済を告げる事が大丈夫なのです。借金が多ければ多いほど程、連帯保証人も返しきれなくなり、保証人を引き受けてくれた人も自己破産の危険性が発生します。こうなりかねませんので、しっかり吟味しなければなりません。ここが簡単ではなくて、任意整理とは、裁判所を通さない貸金業者とのやり取りになりますので、中々個人の方が行うのは難しいです。
ですので、法律事務所に任せたほうがとてもスムーズに行えます。
それと、分からない人が多数だと感じますが、「貸金業法21条1項9号」に載っているもので、債権者に法律事務所から受任の通知が送られた後。



破産した事が理由で、働いている会社を解雇される事はありません。資産の所有が少なければ手続きに時間を取られることはありません。
自己破産が受理されてからの給料は、全て頂けます。


債権者から督促がこなくなくなります。月々の返済に脅かされれる事がなくなります。


現状の生活の不安がなくなります。

個人再生が通るかどうか、否かについてですが、今ある借金を返済していく事が難しいと判断されれば個人再生が可能な条件に沿います。

その他に、住宅ローン以外の債務の合計額が5,000万円以下という事。先程の返済していく事が難しいと見なされるポイントは、返済の日を迎えているのに、返し続ける事が無理な状態を指します。これらのように、一度のみ期日までに返す事が出来なかったからといって、返済が出来ないと判断されません。あなたに最適な借金を減らすノウハウや、月々の返済する額を知れる!胸が締め付けられる状況からプラスの方向へ歩き出す!まず、大切なのは、現状をしっかり把握することから始まります。かといって法律事務所へ行くのは…勇気がいる。法律事務所に任せて裁判所に、返いしてく事が不可能な状況を話して債務を免除してもらう事が可能です。
借入金を全て消しもらえるのがポイントになります。そして、借入金が存在感していなかった時の日常に戻ることが出来るようになります。自己破産が可能かどうか見分けるのは、裁判所が決めます。



どんな所をチェックされるかというと、今までご説明したように、返済の日は迎えているけど返す事が無理な状態。継続的に収入を得れるかどうかと見た時、月々の収入がバラバラだったり、忙しい時期、暇な時期がある職種に該当される方もいらっしゃると考えられますが。

その時は、売り上げが下降していると時と、上昇している時を判断の材料に入れてくれますので、借り入れ金を返済可能だと感じてもらえれば、個人再生を用いれる可能性はグッと上がります。



法律事務所において、良い所と悪い所を。


最重要事項は、あなたの現状をしっかり見つめる事!ここです!では、債務整理といっても、どんなものがあるのか曖昧だと感じている人もいるでしょうから、3種類の解決方法を、お伝えしていきたいと思います。
債務整理の意味は借入金の問題をどうにかする手段の総称です。
借金をこのまま返すのが困難な状態です。


それは毎月しっかり収入がある人になります。それでは任意整理の良い所、悪い所に関してもお伝えしていきます!良い面ですが、今までご説明した以外には、周りの人にバレずに行えます。

現在、収入が少ない方でも出来ます。これまで、利息を過剰に払い過ぎてる人は、任意整理で戻ってくるであろうお金で借入金を少なくする事が出来ます。

仕事の制限や資格の制限がない。借金をしている人に対し直接催促を、してはいけない事になっています。なので、初めにする事は、督促をさせないようにします。
このように、法律事務所で任意整理の話を展開していきます。法律事務所が、毎月の返済を楽にする為に債権者へ連絡をいれてくれます。


ここで、これから返していくのが難しい人と、債権者とで、より良いポイントを合致させます。
ここからがポイントです。先に、個人再生の良い所から、記述していきます。仮に、家を所有しているなら、取られることはありません。

この家の事が、個人再生の最大の内容です。


次に、自己破産での申請が通らなかった人でも個人再生の申請は出来ます。

住宅ローン以外の債務を減らしてもらえる事も出来ます。さらに、財産を奪われない!資格の制限もなく、現状ある、返すお金の20%を支払えば残りの80%は免除。
これで分かるように、自己破産に関しての情報は共有されていましますので、期間内は高額な所品を購入する事が無理となります。だけど、これはある種、良い事でもあって、今までの、お金の管理のやり方を見つめる、ターニングポイントともなりますので、全て良くないわけではありません。


そして、破産の最も憂うべき点は、連帯保証人へ火の粉が飛ぶ事です。


自己破産は債務者の借金は綺麗に消えます。そんな個人再生ですが、破産手続きとは形態が違い、審査が通り、減額に成功したら、それ以降は支払う必用が出てきますので、収入を継続的に得れる人が審査に通る条件ですので、今、収入を得れていなければ、個人再生は通りません。
ですので、普通に勤めに出られていて勤務年数が3年前後もあれば収入にもよりますが、申請はそんなに厳しいものではないです。

そういう場足に最適で、任意整理と自己破産の真ん中位の感じです。

法律事務所に話て、裁判所へ個人再生の手続きをとり、返済し続ける事が難しい借入金を、大幅に減らす事が出来ます。一番のメリットは、住宅のローンを利用している方です。


住宅のローンだけを、これまで返済してきたように返済しつつ、住宅のローン以外の借金を大幅になくす事に繋がります。



名出しなしで、お金もかからずにチェック出来ます。


どういった法律事務所が向いてるのかなんて分からない。



だからこそ、スムーズに調べれることが大事です。もう悩むのは終わりにしましょう。



解決策はいっぱいあります。周囲に知られてしまうんじゃないかと、不安かもしれません。周りにはバレずに債務整理の手続きが大丈夫なものもあります。

次に、マイナス面にも触れていきましょう。


5?7年間、信用情報機関(ブラックリスト)に情報が残ってしまいますので、ローンを組んだり、カードを作ったりが出来ない。


それから、借金が全額、消えるわけ訳ではないんです。

今迄、、任意整理の事に関して記述していきましたので、今度は、個人再生についてご説明していきます。
個人再生とは、膨大な借金へと膨れ上がり、今後、借金を返していくことが困難な時に債務整理を利用する事で借入金を減らす事は可能ですけど、任意整理で借金を毎月返済してくのが厳しい時もあります。
大きく分けて、債務整理につきましては、任意整理、個人再生、自己破産の3種類があるのですが、それでは法律事務所で取り扱う債務整理の中の一つである任意整理の事を、まずは、お話ししていきます。それえでは、任意整理とは何なのかといえば、払いすぎた利息分、今後払う利息を免除して、月々の払いを軽くする事が可能な、債務整理の手法です。
では続けます。


いつもいつも、借金の事を考えていた時間を元に戻せます。


どうしようもない現状から解放されます。
これからのお勤めに集中出来ます。
熟睡出来るようになります。
常に俯いていた状況がなくなります。
お金の原因で身近な人間と争う事がなくなります。
笑顔が増えます。さて、なぜ貸金業者サイドは毎月の支払いを安くしてくれるのでしょうか?それはですね、貸金側からしてみれば、出来るだけ、返済をして欲しいと思っているからです。
完全に破産宣告などされたら、貸金業者は、一円も返済されない状況に陥ります。今、あなたの現状は、かなりの借金を持っているとしましょう。月々の返済が全然できず、どうする事も出来ません。その時、真っ先に対処する事は、お金を借りた業者から催促をさせない事です。
だけど、見方によれば、一概にそうとはなりません。
今後の内容に目を通して頂ければ分かるはずです。

あなたの一生に再チャレンジするタイミングにもなる事でしょう。



法律事務所の中の債務整理で一番効果があるのは自己破産です。

自己破産を行えば今までの債務が全て免除されます。もう一度、人生の再出発を切りたい方には、とはいえ、効果が凄い自己破産。